いらっしゃいませ

ようこそ!アレンジした花とプリザーブドフラワーのプレゼントの販売・通販専門店フルールヴァンヴェールへ。当店は「砂糖菓子みたいにスイート」をコンセプトに優しい花色のプレゼント向けのお花を販売しています。誕生日、母の日、結婚記念日、開店祝い、結婚祝いに最適なギフトを販売・通販いたします。

アレンジ ・ プリザーブドフラワー

プレゼントに販売、通販したプリザーブドフラワー・アレンジのご紹介です。当店のコンセプト「砂糖菓子みたいにスイート」な結婚祝いや開店祝い、誕生日のプレゼント、仏花をご覧下さい
☆お買い物の前に「ご注文からお届けまで」をご覧下さい

☆お花の発送後、制作したお花の画像を添付してメールにてお知らせしております!どんな雰囲気のお花が届いたかのかな?と思われる方に安心の無料サービス♪発送後、運送伝票番号と合わせて登録いただいたメールアドレスにご連絡差し上げております。

★当店からメール未着の場合「当店からのメールが届かない場合」をご確認の上「お問い合わせ」よりご連絡お願い致します

★オプションのご案内
(1) ハッピーバード添付  : オプションで添付OK。小鳥の色目は当店にお任せいただいております。
(2) メッセージカード添付: 無料。100文字程度記載OK。
★上記オプションはいずれもショッピングカートよりご注文の際、オプションにて選択、添付いただけます。
・・・
★お届けについて
お花はクロネコヤマト宅急便でお届けさせていただきます。
送料はご利用案内にてご確認ください。
★画像配信サービス
発送後、制作した花画像と、運送伝票番号を記載のうえ、お花*発送しましたメールを送信しています。母の日期間中の画像配信はお休みをいただいております。
・・・
★お支払方法
クレジット決済
カード決済

コンビニ決済 : 後払い
コンビニ・郵便局後払い(クロネコ代金後払いサービス)をご利用いただけます。

クロネコ代金後払いサービス

代金引換払い
代金引換払いはお届け先にてお代金をお支払い頂く決済方法です。


上記 お支払方法をご利用いただけます。
お支払の詳細はお支払方法についてにてご確認ください。

・・・

お支払について
ご利用のクレジット会社、またはコンビニ決済代行会社、代金引換払いの場合は運送会社より 発行されるお控えや、請求書兼領収書 等で対応をお願い致します。

プレゼントに花を贈ろう!|店長日記

結婚して最初の妻の誕生日にプレゼントするプリザーブドフラワー

結婚して最初の妻の誕生日にプレゼントするケース入りプリザーブドフラワー

・・

こんにちは!

花のプレゼントの販売・通販店フルールヴァンヴェールです+.゚(*´∀`)゚+.゚ 

こちら松山市は3月にしては雨の少ない月間で、今後がちょっと心配な渇水都市です(;´▽`A``

3月は菜種梅雨というくらい雨の多い月のはずですが

こんなに雨が少ないと、いずれ始まる田植えやその後の夏を乗り越えにくくなるので★

 

さて、今日のプリザーブドフラワーは結婚して初めての奥さんのお誕生日にプレゼントするプリザーブドフラワーです♪

忘れずに、お祝いしていただけるだけでも、とっても喜ばれるかな…と思います+.゚(*´∀`)゚+.゚ 

いついつまでも、末永くお幸せに

今日も皆さまにたくさんの幸せな出来事がありますように(人´∀`).☆.。.:*・゚

良い一日をお過ごし下さい!

 

・・・
当店は生花と生花に特殊な加工を施したプリザーブドフラワー、そしてアートフラワーを取り揃えています。
誕生日や結婚祝い、開店祝いに鉄板のプレゼントは、やっぱりお花!生花にしろ、プリザーブドフラワーにしろ、それぞれお花の特徴は違っても花をプレゼントをするさいの心遣いは共通するものです。
喜ばれる花のプレゼントにするためには相手のライフスタイルを考慮することが一番のポイントになります。
・・・
◇花とプリザーブドフラワーのギフトを喜んでもらうために

近年日本は夏場は気温が昔に比べて上昇しがち…

季節によって先様へ配慮する優しさが気の利いたフラワーギフトとして喜ばれます。

近年は花のプレゼントといえば、生花とプリザーブドフラワー、またコンピュータなどの技術の発展によりアートフラワーによるフラワーギフトがそれぞれ人気となっています。

・生花のフラワーアレンジのギフトに適したシーズン

◇花のギフトを喜んでもらうために


・生花で贈るフラワーギフトに適したシーズン

生花は「いきもの」であるため
季節ごと、出回りの花市場ごとに花の種類も品質も変わってくるものです。
また「いきもの」であるがゆえに、花もちなども
その季節や花の種類によって異なってまいります。

生花のアレンジのギフトを宅配・通販するなら季節的には
気温の高い時期は控え、

気温の高い時期の花のギフトはプリザーブドフラワーのアレンジを贈るのがおすすめです。

特に退院祝いや、お見舞いの場合、
病人の方はとかくデリケートになりがち。

人によってはお花が早くおわったのを見てもナーバスになる方もおいでになります。

デリケートになりやすい場合は、枯れないお花であるプリザーブドフラワーのアレンジを退院祝い、お見舞いに励ましのメッセージとともにプレゼントするのも一つの心遣いです。

なお、生花のアレンジをプレゼントする場合

地域によって各月の気温や季節の感覚が違いますが東京を平均として考えるなら、
生花のアレンジをプレゼントするのに喜ばれるシーズンは
1月、2月、3月、4月、5月、10月、11月、12月

特に梅雨があけた7月中旬から8月のお盆過ぎが湿度&気温の高い時期になりますのでこの7月中旬から8月中旬くらいまでは生花は気温の上昇のため出回りが少なく、日持ちも悪くなるのを避けられないシーズンとなります。

なお、年によって、気候は変動しますので必ずしも上記がベストシーズンとは言えない場合もございますので

あくまでも目安としてお考えください。<(_ _)>


◇気温の高い時期に生花のアレンジのギフトを少しでも長く楽しむための管理方法

・生花のフラワーアレンジを飾る場所

気温の高い時期は花もちはどうしても悪くなります。
少しでも花もちよく飾ることをご希望の場合は
極力、日光の入らない場所で涼しく管理していただくと、少し花もちがよくなります。


エアコンの直風や扇風機の直風はNGですが、気温の高い時期ならばエアコンの効いた場所がおすすめ。

でもワンちゃんや猫ちゃんを飼っていて家人が不在の時でもエアコンがききっぱなし…というところばかりではないはずです、
花もちが気になる場合は、生花から生まれたプリザーブドフラワーがおすすめの花のプレゼントといえます。

とはいえ、生花でなければ見栄えのよろしくない用途もありますのでご留意ください

・生花のフラワーアレンジは水やりと花がらとりをするのが長持ちの秘訣

花をさしている「オアシス」(緑色のスポンジ)は乾いてしまうと水を吸わなくなってしまいますので
夏場の水やりは毎日、器にどのくらいお水があるのか確認して、
器の8分目くらいあるように心がけて下さい。

またフラワーアレンジの中にも時間差で花が終わってくるもの、まだ元気なものがでてきます。
形は変わってきますが、終わりになった花がらはこまめにとりましょう。

なお、野菜や果物からでるエチレンガスは「実り」を促すため、生花が早く老化することになります。野菜や果物の近くに飾るのは避けるのがおすすめです

・プリザーブドフラワーは政府から駐日大使へ贈ったこともあるほど鉄板のフラワーギフトです

フラワーギフト、花をプレゼントするといえば、やっぱり生花じゃないと失礼になるんじゃないの…?と心配する方もおいでになるかもしれませんが

実はプリザーブドフラワーは日本政府から駐日大使へプレゼントするのに使用されるほどメジャーで鉄板のフラワーギフト。

夏場に限らず、近年は生花に代わってプリザーブドフラワーをプレゼントに贈る方が多くなりました。
それまでも認知度は高まって、綺麗が長く続く花というやっぱり現実主義者が多い女性ならではでしょうか(;´▽`A``
女性を中心に、人気上昇中だったプリザーブドフラワーのアレンジは
ちょうど、ケネディ米国大使が着任したときに日本政府が
「これからも枯れないお付き合いを」と
願いを込めて贈ったことがマスコミさんに報道されると、
ぐぐぐーーーーんと認知度がアップ+.゚(*´∀`)゚+.゚
「造花でしょ?」なんて誤った認識を払しょくしてくれました♪

そう。プリザーブドフラワーは生花に特殊なオーガニック加工を施したお花で、フランスで生まれた「長寿命の切り花製法」として特許を取得したお花です♪
造花ではありません

・・・

近年は「枯れない」ことから
長いお付き合いをねがって…とか
二人の愛が枯れずに幸せでいて下さい…とか
いつまでも若々しく、枯れないでいて下さい…とか、
その特性にちなんだ気持ちや願いを込めてプレゼントするのに人気の縁起のいいフラワーギフトになりました。+.゚(*´∀`)゚+.゚
・・・
生花と違って夏場にも綺麗が長持ちして飾れるので
結婚祝いや開店祝い、誕生日プレゼントにも人気です。
夏の時期のフラワーギフトはぜひプリザーブドフラワーのアレンジもご検討下さいヽ(´▽`)/
生花とはまた一味違った魅力をもったお花です


・プリザーブドフラワーのアレンジをプレゼントするのに適した季節

プリザーブドフラワーは生花に特殊な加工を施した枯れない花で、
1991年フランスでうまれたお花です。生みの親はフランスのヴェルモント社で、「長寿命の切り花製法」として世界特許を取得したお花です。オガーニック加工で生花のみずみずしさを失わず、長期間楽しめる驚きのお花です。
プリザーブドフラワーは基本的にオールシーズンでお楽しみいただけるお花です♪

ただ高温多湿・極度な乾燥には弱いデリケートさも持っていますから、
特に湿度の高い梅雨時期には保管にご注意いただくと、長く楽しめます。
湿度が高いときに気になる場合はプリザーブドフラワー用のクリアケース入りをプレゼントするのがおすすめですが、当店は無料でセロファンラッピングもしておりますので、クリアケースには入らないサイズのプリザーブドフラワーのアレンジをプレゼントされる場合はセロファンラッピングをしたままかざっていただくか、

市販の乾燥剤などと一緒に飾っていただいたり、湿気た場合は乾燥剤とともに、箱に入れるなどして様子をみて下さい

ちなみに当店は「水とりぞうさん」を、見えないようにそばに置いてみました。ヽ(´▽`)/
飾る環境などに左右されると思いますが、一定の効果があると思われます。


・・・・
★花をプレゼントする歴史

・いつごろからお花をプレゼントしていたの?

実は論争のあるものの、ネアンデルタール人の化石が発見された際、数種類の花粉が発見されていて、この遥か古代から死を悼む心とともに、お花をそなえる、またお花をプレゼントする習慣があってのでは…といわれています。

・日本では花のプレゼントっていつごろから?

ご存知の通り、ヨーロッパでは男性が女性への愛を伝える際、プロポーズの際、お花をプレゼントするのが古来からの習わし、現代でも、愛の告白で特別な位置をしめています。

では日本ではどうだったのでしょう?恥ずかしがり屋さんの日本人男性はあまりお花を贈ることが現代ではないですが…

そもそも、さかのぼること七世紀、飛鳥時代のころ。儀礼のさいに、天皇が公卿達に花を下賜する際、天皇自らが公卿の冠に花を挿し与えたと言われています。

また、源氏物語でも恋人同士が恋ごころを読んだ和歌を贈るのとともにうたにちなんだ花や枝を添えて贈るなど実は愛を伝える重要なアイテムとして登場しています。

はるか昔から花は心を伝える大切な存在でした

・・・

★幸運を呼び込むお花の力

・花を飾って恋愛運アップ?
花には恋愛運、結婚運を呼び込む力があるとも言われています。
他人とのコミュニケーションをうまくいきたいとき、意中の人がいるかたは、お部屋に花を絶やさないようにすると運気が上昇して幸運が舞い込んでくるかも!

ただし、お部屋にお花を絶やさず飾る場合は切り花など、根っこのないお花がおすすめです。
入院中の方や病気の方に鉢植えの花、植物を差し上げるのが「寝付く」(根つく)という意味があるからですが
これと同様、根っこのある植物では「家に根ついてしまう」=お家にいてしまう…つまり恋愛・結婚運が遠ざかる、ということに…。

極力独身女性への花のプレゼントや、ご自身でお部屋に飾るときは切り花のお花のアレンジや、花の盛りで枯れないままのプリザーブドフラワーのアレンジがおすすめです。

ちなみに誤解されることがありますがプリザーブドフラワーはドライフラワーと違って枯れているわけではありません。
もともと生花に特殊な加工を施して咲いている状態のままになっているだけです。またプリザーブドフラワーは切り花と同様に根っこはありませんのでご安心下さい!

・心を繋ぐ力と神秘パワーを秘めた花

西洋はもちろん日本でも、古代から花は心を繋ぐ神秘の力があると信じられてきました。素朴なところだと、もともと花は自然との一体感を高めるため田んぼの神様との交信のために使われていました。田植えの前に神事の際に頭に付けていたり(今でも花笠を見ることができますね)神聖な力が宿る神さまと絆を結ぶ・交信することができると信じられてきています。
今でも神楽の際、神事の際、巫女さんが花や植物を用いてお祈りをささげるのは珍しくない光景です。

ちなみに、平安時代の宮中ではさらに花を身に着ける文化に発展。花を頭にさすようになり(いわゆる「かんざし」です)、植物・花という神聖なものをみにつけ、男性の力をアップさせるものでした。
…そう、実は最初にお花に秘められた力にあやかろうと、花を身に着けてかざっていたのは男性でした。そののち、女性にもかんざしとして髪を結うときに使われるようになったのです

ちなみに衣服を重ねる十二単衣は花を象徴した着物です。色を重ねることで花を表現し、季節を表現しているとても雅なもの。お花ってこんな時代から、身近な存在だったんですね

後に、技術の発展により着物に花を描くようになり、また着物を着ることを「花をまとう」と表現するにいたるようになりました。それほど、花との御縁は深く、人は花を愛で、その力にあやかってきました。

お花には人と人の心を繋ぐ、そして人と神さまの心を繋ぐ、絆を紡いでいく神秘のパワーが秘められています。

・邪気を払って幸運を呼び込む花

花は存在自体が神さまとの交信に使われるほど神聖な力をもっているのですが、邪気を払うとも言われています。

たとえば
桃の花の節句で桃の花を飾りますが、桃の花には「邪気を払い、長寿をもたらす」力があると信じられてきました。
花木なのでフラワーアレンジには向いていませんが花の持つ神秘パワーをあらわす代表格の一つです。

「桃源郷」などとあらわされるように桃の花の神秘パワーは神さまの地で咲いているお花とされています

桃は、木へんに「きざし(兆し)」とかきますが、まさき季節の変わり目春を告げる花。いつか桃の花は散ってもやがて大きな果実を実らせ、どんな時もそのふくふくとした桃のような笑顔を失わない、という願いと力を秘めたお花でもあります。

古から、その花の神秘パワーは信じられ、神様に捧げられ、そして人々の恋心を伝え、身を守るお守りと、また彩とされてきました。
現代でもお花のプレゼントは特別な意味を持っています。

大切なあの人への贈り物や、誕生日や結婚祝い、開店祝いなど大切な節目の記念日に、幸運を願って贈るのにおすすめです!
花の持つ癒しパワーと神秘パワーをぜひ、どうぞ。

★用途別花のプレゼントの相場と贈るタイミング

・誕生日に花をプレゼントする場合

・誕生日プレゼントに花を贈るタイミング
誕生日の前日(または数日前)に家に宅配する


誕生日の前日(または数日前)に相手の家に宅配しておめでとう、や普段伝えてない感謝の気持ちのメッセージを添えて前日から思いがけない演出をするのもおすすめ。

「え?前日にプレゼント??」と思われるかもしれませんが、思いがけない前夜祭からのお祝いに、相手もびっくり。後日渡されたり、当日じらされたりしてプレゼントされるよりも驚きや喜びは大きいものです。

・出先で生花のアレンジを渡すのはちょっぴり負担。ある程度重さがありますから、女性への贈り物の場合嬉しいけど重たくてちょっと負担になることも。生花を贈る場合はあらかじめご自宅へお届けしてお気持ちをお伝えするのがおすすめです。

・出先で渡すならプリザーブドフラワーのアレンジがおすすめ

お食事先でおめでとう!とお花を渡したい場合なら枯れる心配がないプリザーブドフラワーがおすすめ。水やりの必要がないから、あらかじめ贈り主の手元で保管して、出先でそっと手渡すような演出もできるおまけに、水が不要ですから、とても軽くて、持ち運びの楽々。誕生日の相手に負担をかけずにプレゼントすることができます。ただし…

お店や会場に贈る場合の確認事項

・お客様ご自身にてお店や会場にお預かりいただることをあらかじめご確認ください。

*生花の場合は水が必要なもの、また時間とともに変化していく生き物ですので前日到着、また当日数時間しか滞在しない場所へのお届けはマナーとしてNGです。(残念ながら交通事情や天候により遅延の可能性も皆無とはいえません)
・・・

・誕生日に花をプレゼントする際の相場
生花・プリザーブドフラワーともに
彼女に贈る場合 5,000~10,000円
お母さんに贈る場合 5,000~8,000円
還暦・古希など節目の誕生日の場合 10,000~30,000円
還暦・古希など節目の誕生日は記念の日でもあることから、生花よりプリザーブドフラワーでプレゼントされる方が多いです

・・・・
・結婚祝いに花をプレゼントする場合

・結婚祝いに花を贈るタイミング
☆結婚のお祝いの贈り物は 先様のご自宅へ 一週間前までにお届けするのがマナーです。
お式、披露宴、二次会の会場へのお届けは 先様のご迷惑になりますので ご配慮して差し上げてください。

・結婚祝いの相場

生花の場合は8,000円~10,000円

プリザーブドフラワーの場合は10,000~15,000円が人気の価格帯です。

会社から結婚祝いを贈る場合は最近はプリザーブドフラワーにされて15,000~30,000円くらいで贈られます

・・・

・開店祝いにお花をプレゼントする場合

・開店祝いに花をプレゼントするタイミングは?
花をプレゼントなら 開店日前日か 開店日当日がおすすめ

一般的には 前日、または開店日当日のお届けをされることが多いです。
開店日の当日は 先様の開店準備で忙しかったり、緊張していたり…忙しかったりしますので お受取が可能なら 開店日前日のお届けもOKです。

お店の準備の関係上、開店日がずれこんだりすることもありますので ご注文前に必ず 開店日時のご確認をお願いいたします。

すでに開店後に 先様の開店をうかがって、お花の贈り物を検討されても大丈夫。お祝いのお気持ちをいつ送っても喜ばれます。

お花が入れ替わる時期にお届けしても かえってお店を彩るお花になります。

・開店祝いにプレゼントする花の相場

開店祝いに花をプレゼントする場合の相場は
個人・法人から問わず室内に飾るアレンジの場合は本体価格10,000円くらいが目安になります

個人から贈る開店祝い花の場合

相手との交際の新密度によりますがお祝いの気持ちだけをお届けしたい場合は5,000円くらいから7,000円、8,000円くらいまで。親密なお友達の場合は10,000円くらいの花のプレゼントが主流です。

また数人の連名で贈る場合、各人のご負担金額は少なくなってきますので先様がお返しなど気にかけたりすることがない旨をお伝えするとよりよいと思います。

法人様から贈る開店祝い花の場合

先様のとの取引状況にもよると思いますが

室内に飾る場合の開店祝いの花のアレンジの場合は本体価格10,000円から15,000円くらいの花のアレンジのプレゼントが主流です。

・・・
・お見舞いに花をプレゼントの場合

・お見舞いに花のプレゼントを贈るタイミング
病状が落ち着いた時が一番よい時期です。近年は病室に花を飾ることがNGな病院が多くなっていますので退院のお祝いにご自宅へ花を贈ることがおすすめです。
・お花の贈り物はできれば 退院後、落ち着かれたころを見計らってご自宅へお届けになることをお勧めいたします
 
・ お見舞いにプレゼントする花の相場

お見舞いのお花は5,000円から10,000円くらいが相場。

お友達・知人へのお見舞いに贈るなら5,000円から8,000円くらい。

親族や、親しい間柄などの場合は10,000円程度です。

・母の日に生花・プリザーブドフラワーのギフトを贈るタイミング

母の日当日に贈りたいと思う方が多いですが、当日は宅配業者さんにしろ、お花屋さんの配達にしろ、立て込んでいるため思うようにならないことが多いもの。また母の日は必ず日曜日でもあるため、ちょっと外出したいお母さんの足を止めてしまって、贈り物をいただくのは嬉しいけどいつ贈り物が届くのか、わからなくって、ちょっと困ってしまう…そんなこともあります。

母の日のプレゼントは遅れて届くより、やっぱりちょっと早めに届いたほうが思いがけず、喜びも一層です。当日にこだわることなく、数日前からプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

・母の日にプレゼントする花のギフトの相場

あんまりケチってしょぼく見えてほしくないし、かといって予算は限られているし…皆はどのくらいの予算で母の日にプレゼントしているかな?プレゼントの相場って気になるものですがあるアンケートによると

一番多い価格帯は4,000円~6,000円

世代別にみると

中・高・専門学校生・大学生以外の年代では上記4,000円から6,000円が最も多い価格帯となります。

理由はあまり高すぎると母親が気に病む、とか、母親が気軽に受け取れる金額である、という声が多いようです。

学生さんである、中・高・専門学校生・大学生は1,000円~3,000円が最も多い価格帯。

まだ学生なのでそれほどお金がない…、というのが一番の理由。学生さんのお子さんを持つお母さんはそんなことは御見通し。きっと、気持ちが一番喜んでくれるはずです。

ちょっと少数派ですが実は高額プレゼントをする方もおいでになります。

10,000円~15,000円、また20,000円までのプレゼントを贈る方は「社会人になったので感謝をこめて奮発したい!」とか、「離れて暮らすためなかなか顔を合わす機会がないのでこんな時くらい奮発したい」という気持ちの方が多いようです。

いずれにせよ、お母さんに感謝の気持ちを伝えたい…!という気持ちはどの世代にも共通した思いです

◇プリザーブドフラワーの仏花がお仏壇に飾るのにおすすめの理由

仏壇に飾る・お供えする仏花は今、プリザーブドフラワーが注目されてきています。仏壇に飾る仏花はこれまで「生花」で飾ることが多かったですが、近年は高齢化や夏の気温の高さや、共働きの増加によりお花の世話の難しさなどから毎日手を合わすご家族の負担を減らすプリザーブドフラワーの仏花を飾る方も増えてきました。

◇プリザーブドフラワーの仏花がおすすめの理由・その1

・水替えの手間が不要で、ご家族の負担を減らします

◇プリザーブドフラワーの仏花がおすすめの理由・その2

・プリザーブドフラワーは花粉や香りがないから、花粉症やアレルギーなどで生花を飾るのが難しい方にも気軽に飾っていただける

◇プリザーブドフラワーの仏花がおすすめの理由・その3

・長持ちだからローコスト。家計にやさしいお花です

プリザーブドフラワーは生花に特殊加工を施していますので長持ちする代わりに、ちょっぴり高価に感じるかもしれませんが、長期間綺麗に飾れることを考えると、実はローコストにお仏前を飾ることができるので、家計的にもご家族の負担を軽くすることができるお花です。

◇プリザーブドフラワーの仏花がおすすめの理由・その4

・お手入れいらずでお仏壇まわりを汚す事がないから、高齢の方や男性の方にも気兼ねなく飾れます

◇ご注意下さい!当店のプリザーブドフラワーの仏花は「かわいい」「華やかな」なプリザーブドフラワーです

仏花といえば、お仏壇やお墓にお供えするお花ですが、近年は生活様式が洋風に変わってきたこともあって、ご自宅のお仏壇に飾るお供え花・仏花についても考え方がかわってきて、お仏壇それ自体も従来の「仏壇」のイメージから変わってきています

これに伴ってお供えする花・仏花も
お供えの定番のイメージから、故人の好きな花色でお仏壇を華やかな雰囲気に飾ったり、使用する花材にこだわらず、洋風なかわいい雰囲気のお花を飾ることも多くなってきました。

当店のお供えプリザーブドフラワー、また仏花のプリザーブドフラワーは、従来の形式にとらわれすぎない、飾って美しさ、可愛さ、華やかさを感じるお供え花・仏花をご提案しています。

天国の故人の方を、そしてご家族の心を、明るくしてくれる新しいスタイルの仏花のプリザーブドフラワーををお勧めしています