伝えたい気持ちで選ぶ花

花プレゼント・伝えたい気持ちで選ぶ

花は古来から気持ちを伝えるメッセンジャー。花を贈る心っていつからだったんでしょう。実は2万年前以上に絶滅したネアンデルタール人には、埋葬の文化があったといわれています。イラクのシャニダール洞窟にはたくさんの埋葬跡があり、そのうちの一つからは大量の、そして、数種類の花粉が発見されました。

1960年代、アメリカの考古学者がその発掘報告の中でネアンデルタール人が花を添えて用事を埋葬していたと発表して大きな反響をよびました。

お花は白、青、ピンクの色鮮やかな花の草だったそうです。

人の死を悼む心と文化。

天国に行ってしまった人へ、残された人へ慰めの花だったのではないでしょうか。

こんな、古い古い時代からお花は心を慰め、そして、心を伝えるメッセージャーとしての贈られてきました。

花プレゼントには言葉では伝えきれない想い・心を、気持ちを伝える不思議な力がこもっています。

伝えたい気持ちで花をプレゼントしてみませんか?

★日本では花のプレゼントっていつごろから?

ご存知の通り、ヨーロッパでは男性が女性への愛を伝える際、プロポーズの際、お花をプレゼントするのが古来からの習わし、現代でも、愛の告白で特別な位置をしめています。

では日本ではどうだったのでしょう?恥ずかしがり屋さんの日本人男性はあまりお花を贈ることが現代ではないですが…

そもそも、さかのぼること七世紀、飛鳥時代のころ。儀礼のさいに、天皇が公卿達に花を下賜する際、天皇自らが公卿の冠に花を挿し与えたと言われています。

また、源氏物語でも恋人同士が恋ごころを読んだ和歌を贈るのとともにうたにちなんだ花や枝を添えて贈るなど実は愛を伝える重要なアイテムとして登場しています。

はるか昔から花は心を伝える大切な存在でした

★心を繋ぐ力と神秘パワーを秘めた花

西洋はもちろん日本でも、古代から花は心を繋ぐ神秘の力があると信じられてきました。素朴なところだと、もともと花は自然との一体感を高めるため田んぼの神様との交信のために使われていました。田植えの前に神事の際に頭に付けていたり(今でも花笠を見ることができますね)神聖な力が宿る神さまと絆を結ぶ・交信することができると信じられてきています。
今でも神楽の際、神事の際、巫女さんが花や植物を用いてお祈りをささげるのは珍しくない光景です。

ちなみに、平安時代の宮中ではさらに花を身に着ける文化に発展。花を頭にさすようになり(いわゆる「かんざし」です)、植物・花という神聖なものをみにつけ、男性の力をアップさせるものでした。
…そう、実は最初にお花に秘められた力にあやかろうと、花を身に着けてかざっていたのは男性でした。そののち、女性にもかんざしとして髪を結うときに使われるようになったのです

ちなみに衣服を重ねる十二単衣は花を象徴した着物です。色を重ねることで花を表現し、季節を表現しているとても雅なもの。お花ってこんな時代から、身近な存在だったんですね

後に、技術の発展により着物に花を描くようになり、また着物を着ることを「花をまとう」と表現するにいたるようになりました。それほど、花との御縁は深く、人は花を愛で、その力にあやかってきました。

お花には人と人の心を繋ぐ、そして人と神さまの心を繋ぐ、絆を紡いでいく神秘のパワーが秘められています。

★邪気を払って幸運を呼び込む花

花は存在自体が神さまとの交信に使われるほど神聖な力をもっているのですが、邪気を払うとも言われています。

たとえば
桃の花の節句で桃の花を飾りますが、桃の花には「邪気を払い、長寿をもたらす」力があると信じられてきました。
花木なのでフラワーアレンジメントには向いていませんが花の持つ神秘パワーをあらわす代表格の一つです。

「桃源郷」などとあらわされるように桃の花の神秘パワーは神さまの地で咲いているお花とされています

桃は、木へんに「きざし(兆し)」とかきますが、まさき季節の変わり目春を告げる花。いつか桃の花は散ってもやがて大きな果実を実らせ、どんな時もそのふくふくとした桃のような笑顔を失わない、という願いと力を秘めたお花でもあります。

古から、その花の神秘パワーは信じられ、神様に捧げられ、そして人々の恋心を伝え、身を守るお守りと、また彩とされてきました。
現代でもお花のプレゼントは特別な意味を持っています。

大切なあの人への贈り物や、誕生日や結婚祝い、開店祝いなど大切な節目の記念日に、幸運を願って贈るのにおすすめです!
花の持つ癒しパワーと神秘パワーをぜひ、どうぞ。

ありがとうの気持ちを伝える花プレゼント
「ありがとう」感謝の気持ちを届ける花プレゼント


お疲れ様の気持ちを伝える花プレゼント
「お疲れ様」のねぎらいの気持ちを届ける花プレゼント

応援と励ましの気持ちを伝える花プレゼント
「頑張ってください」応援と励ましの気持ちを届ける花プレゼント


お祝いの気持ちを伝える花プレゼント
「おめでとうございます」お祝いの気持ちを届ける花プレゼント


愛情・好意を伝える花プレゼント
「大好きです」好意を伝える花プレゼント

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

2

・送料ついて
★基本送料 980円
例外地域はこちら!
北海道 2,200円
青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 1,500円
新潟県 1,300円
沖縄県  2,700円

●お届けは信頼の運送会社さん・クロネコヤマト(ヤマト運輸)にてお届けさせていただいております。

●お届けの地域によっては ご希望の時間帯のお届けできかねる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。
実際のお届け予定日、時間帯はご注文内容確認メールとは別にお届けする、受注確定メールにて実際のお承り内容をご連絡差し上げます。必ずご確認ください。

●商品発送後、天候・交通渋滞・災害・テロ・その他人災など、諸事情により到着に乱れの出る場合があります。

(交通渋滞とは:★ゴールデンウィーク、お盆、年末年始の帰省時期など道路事情によっては到着に遅れの出る場合があります。)

・・・お花に添付できるオプション・・・

(1) ハッピーバード添付  : 別途有料オプションで添付OK。小鳥の色目は当店にお任せいただいております。

(2) メッセージカード添付 : メッセージカード無料でご用意しています(無地カード)。100文字程度記載OK。

(3) プリザーブドフラワー用クリアケース(ボックス): 別途有料オプションにて添付可能。
プリザーブドフラワーの本体サイズ高さ28cm 横18cm程度の大きさのもののみに対応しております。なお、クリアケース(ボックス)には2種類の大きさがあります。本体サイズ高さ20cm横15cm程度向きケースと 本体サイズ高さ28cm横18cm程度向きのケースになりますがプリザーブドフラワーのサイズに応じてどちらのサイズのケースに入れるかは当店にお任せいただいております。あしからずご了承ください。

上記オプションはいずれもショッピングカートよりご注文の際、オプションにて選択、添付いただけます。

>>詳しくは 花に添付できるオプションのページにてご確認ください。



・・・安心の無料・画像配信サービス・・・


発送後、制作した花画像と運送伝票番号を記載の上、「お花*発送しました」メールを送信いたします。ただし、母の日期間中の画像配信はお休みをいただいております。

・・・お支払方法・・・

クレジット決済
コンビニ決済 : 後払い
代金引換払い

上記お支払方法をご利用いただけます。

なお、まことに申し訳ございませんが上記いずれのお支払方法の場合も当店からの領収書の発行は行っておりません。
お支払の詳細はお支払方法についてにてご確認ください。

・・・・・

【通販に最適・宝石みたいなプリザーブドフラワーの販売】

◇プリザーブドフラワーを通販する際のチェックポイント

最近は大臣執務室にもたくさん飾られているプリザーブドフラワーはその美しさと綺麗に飾れる期間が長いことからも女性からの人気を集めています。
ケネディ大使が着任した際、日本政府から「これからも 枯れない長いお付き合いを」の気持ちを込めてプレゼントされたことでも話題になったプリザーブドフラワー。この時、初めてプリザーブドフラワーを知られた方も多かったのではないでしょうか。
プリザーブドフラワーは生花よりも高価に思われていますが、綺麗なまま飾れる期間を考えると実はローコスト。自宅に飾っても、先様にプレゼントしても美しさが長く楽しめるお花です。


◇プリザーブドフラワーとは

・通販に人気のプリザーブドフラワーってどんな花?

プリザーブドフラワーは1991年フランスで誕生したお花です。ヴェルモント社が「長寿命の切花製法」の世界特許を取得しました。

・プリザーブドフラワーのメインフラワー・バラの生まれ故郷は?

世界的産地は実は南米。 エクアドルやコロンビアで盛んに生産されています。日本では 大地農園(おおちのうえん、と読みます)さんが日本らしい、繊細な花色のプリザーブドフラワーを生み出しています。

・プリザーブドフラワーはドライフラワーではありません。

ドライフラワーはそもそもお花を枯らしているものす。自然乾燥や乾燥剤で水分を除き自然の風合いを残した加工方法のため、どうしても色あせや経年劣化が起こりやすくなります。プレゼントとして人に贈る際には、どうしても考慮が必要になる点です。

この点プリザーブドフラワーはヴェルモント社のコンセプトをご覧のとおり「長寿命の切り花製法」として咲き誇った生花にオーガニックな特殊加工を施して生まれた、生花のみずみずしさを失わず、長期間楽しめるものとしてうまれてきたお花です。



◇プリザーブドフラワーの相場とボリュームのめやす

プリザーブドフラワーを通販してみたけど、生花のアレンジはに比べて小さいな…と思われることがあると思いますが、
プリザーブドフラワーは生花に特殊な加工を施してうまれた枯れない花のため、おおむね生花の三倍を目安にお考えいただければと思います。

デザインにより、異なってきますので、大まかな目安ですが
生花のアレンジ 5000円 なら プリザーブドフラワーは15000円、
生花のアレンジ 10000円 なら プリザーブドフラワーは30000円、くらいがボリュームの目安になります。

◇プリザーブドフラワーのアレンジをプレゼント用に通販する場合のチェックポイント

・通販する際はプリザーブドフラワーのサイズもチェックポイントの一つ

プリザーブドフラワーは上記の通り、生花に比べると小さく思えるアレンジのサイズになります。
サイトに掲載の画像のイメージだけで通販すると、思ったよりも小さいな…ということも。
これいいな、と思ったプリザーブドフラワーのアレンジがあったら、必ずサイズも併せてチェックしてみることがおすすめです。

・通販する際はプリザーブドフラワーのアレンジの花色もチェックポイントの一つ

ニュアンスカラーが日本人はお好きな方も多いですが、プリザーブドフラワーの場合は
生花と見まごう花として誕生していますが、例えば、グレー系や、グレイッシュパープル、
くすんだ色合い、の大人っぽいカラーは、画像イメージで見ると、とてもおしゃれに感じると思うのですが、

実際に手元で見ると「あれ…地味かな?」「あれ…くらいイメージかな?」ということになりがち。

お好みによるとは思いますが、プレゼント用のプリザーブドフラワーの場合は、
くすみニュアンスカラーよりは、かわいい色目のプリザーブドフラワーのアレンジを選ばれるほうがおすすめです。

なお、使用しているのモニターやブラウザなどの環境により、 実物と色調が異なる場合もありますので特にくすみカラーのアレンジの場合はご注意下さい。


・通販する際は用途によってはあらかじめ手元に取り寄せる、または前もって先様にお届けするのがおすすめです。

プリザーブドフラワーは生花と違い、枯れることがありませんから、予め用意することができるお花です。

開店祝いの花として、直接もっていって「おめでとう」を伝えたい場合や
結婚祝いに式場へ直接送る場合、誕生日プレゼントにする場合など、前もって用意しておきたい場合にも最適です。

通販する、ということは、宅配便を利用して先様にお届けする、またはご自宅へ取り寄せる(場合によってはお勤め先の会社に届けてもらう等)ことになると思われますが、
宅配便を利用する以上、
テロや災害の発生、天候不順(台風、積雪、降雪など)による、運送の乱れ、遅延の発生する可能性が否定できないものです。
できれば、実際に必要な日付より、数日前までには手元に用意する、または前日までに先様にお届けするのがおすすめです。

やむを得ない事情とはいえ、遅延するより、早めのお届けになったほうが、プレゼントの場合、先様にとっても好印象です。
例えば誕生日プレゼントの場合も、遅れてプレゼントされるより、数日前までに届くほうが、嬉しいサプライズプレゼントとして好評です。

*生花は「いきもの」ですので、前もって取り寄せるのには不向きです。


・通販する際はお届け先の入力についてもご留意ください

プリザーブドフラワーは出先の会場にあらかじめ送付するのも枯れないからこそ、おすすめできるお花です。

が、

数時間しか滞在しない結婚式会場や、お食事先などで直接、宅配・通販する場合は、まず、

一、

会場にあらかじめ、数日前、または前日までに到着するように手配するのがおすすめです。


二、


注文前に、

会場へあらかじめいつ(前日までに到着するように手配するのがおすすめ)、プリザーブドフラワーのプレゼントを届けるのか伝えて、預かってもらうことができるかどうか確認すること。

(新郎新婦さんが、結婚式会場へ、両親へプレゼントする記念品の場合は、お式の数日前までに一括で預かる場合があるので、新郎新婦さんがご自身で会場担当者またはプランナーさんに、取り寄せて会場の持ち込むことが可能かどうか、また日にちはいつまで、を、確認・相談してください)



三、

会場、出先のレストラン、ホテルにお届けする場合は必ず、

会場(お店)の住所、
会場(お店)の電話番号、
会場名(お店の名前)、
会場担当者名(お店の担当者)を記載して下さい。

(結婚祝いを結婚式会場へ直接、宅配・通販する場合は、受け取ってほしい花嫁または花婿さん、または両家の名前も併せてっ記載してください。会場によっては何組か結婚式を挙げられる場合がありますので、せっかくのプレゼントがどなたにお渡しするのか会場で迷子になる場合がございます)

例えば

●●県●●市●●町●●-●
●●ホテル
担当●●様(●月●日挙式 ●●様)

電話番号 ●●-●●-●●


等のようになります。