6月の花嫁ジューンブライドの由来について

 

ジューンブライド…6月の花嫁さんは幸せな結婚生活をおくることができるという言い伝えはとても有名ですね。

実は西洋の言い伝え。

日本ではちょうど梅雨時期ということもあって

生花は残念ながらかなり日持ちも悪くなってきますので

ジューンブライドの結婚祝いに贈る花はプリザーブドフラワーがおすすめです♪

 

さてそれではなぜ6月の花嫁さんは幸せになれる…という言い伝えがあるのでしょう?

由来は3通りほどあります

 

プレゼント

 

 

プリザーブドフラワーのプレゼント

 

 

プレゼント

 

 

 

 

プレゼント 

★結婚をつかさどる女神に由来

 

ギリシャ神話に出てくる最高神はゼウス。ご存知の通りゼウスはとっても女性が好きな神さま。

このゼウスの妻がヘラという女神さま。

女性好きのゼウスのおかげでヘラはよりよい家庭を築くため大変でした、

この姿が「結婚生活の守護神」といわれる一つです。

またこのヘラの母乳を飲むと肉体が強くなるといわれていましたので女性であり、

母であるヘラはまさに結婚生活の守護神です。

 

この神話がのちにローマで少し形を変えて伝えられています。

ゼウスはユピテル。ヘラはユノー。

そのユノーは6月1日に祭られるようになりました。結婚生活の女神さまがまつられた6月♪

6月に結婚すると結婚生活の守護神ユノーに見守られて幸せな結婚生活を送ることができるといわれるようになりました。

 

プレゼント

 

★3月、4月、5月結婚禁止のため…由来

 

昔々、ヨーロッパでは3月から5月の間は農作業が忙しいので

この三か月間は結婚禁止の時期だったことがあります。

そんなわけで6月にいっぺんにたくさんのカップルが結婚をするようになっていました。

街中が結婚式がたくさん行われ多くの方が祝福し、

幸せいっぱいな月になることから、みんなが祝福してくれる=6月の花嫁さんは幸せになれる、

といわれるようになったとも言われることがあります。

 

プレゼント

 

★ヨーロッパは6月が一番てんきがよいシーズンだから

 

日本では梅雨時期で大変ですが、ヨーロッパでは6月が一番天気のよい月です。

また6月12日はヨーロッパには「恋人の日」があり、

6月は気候がよく、祝福ムードいっぱいの中で結婚すると幸せになれる…といわることもあります。

価格で選ぶプリザーブドフラワー

3000円からのプリザーブドフラワー 5000円からのプリザーブドフラワー 10000円からのプリザーブドフラワー

15000円からのプリザーブドフラワー 20000円からのプリザーブドフラワー