結婚祝い、誕生日、お供えに贈るプリザーブドフラワーを通販。発送後、制作したアレンジを画像付きメールでお知らせするのでプレゼントも安心。

★母の日のプレゼントに花を手渡しすることをご希望の場合のご留意いただきたい事項★

母の日に花をプレゼントする際によりスムーズにお届けするために気を付けたいことです。参考にしてください

価格で選ぶプリザーブドフラワー

3000円からのプリザーブドフラワー 5000円からのプリザーブドフラワー 10000円からのプリザーブドフラワー 15000円からのプリザーブドフラワー 20000円からのプリザーブドフラワー 

 

●母の日に花の手渡しをご希望の場合●

母の日に花をプレゼントをご希望の場合に大半の方が、ご自身のお母様へ、または旦那様のお義母さま、おばあちゃま…など先様へ直送される方がほとんど。

まれに、まず、ご自身の手元に宅配してから、ご自身が手渡しでお母さんに渡す、というワンクッション入れられる方がおいでになりますが、生花はお水が必要な「いきもの」です、極力ワンクッション入れず、先様へ直送するのがおすすめ

母の日プリザーブドフラワー

 

●母の日当日に宅配するのは避けるのがベスト●

「じゃ、当日受け取って、当日中に渡せばいいよね」と思われるかもしれませんが、母の日当日は運送が非常に混雑する時期のため、地域、また場合によっては、ご希望の時間帯でのお届け不能の場合や 天候、交通事情によっては遅延の可能性も皆無ではございません。宅配便を利用しての当日受け取りは回避するのがおすすめです。極力、ワンクッション置いてではなく、先様のご自宅へのお届けにてお願いいたします。(生花を手渡しプレゼントされるなら、宅配便ではなく、あらかじめご近所の花屋さんで予約をしておくのがおすすめです)

でも…気に入った花屋さんのお花を通販して、近くに住んでいんだから、お母さんに感謝をこめて花を直接手渡ししたい…!!!そんな場合にご注意いただきたい点がございますので母の日に宅配便をご利用の上、いったんワンクッション入れてご自身でうけとってから、お母さんにプレゼントする際の参考にしてください 

母の日プリザーブドフラワー

★母の日に生花のプレゼントを手渡しする場合

・贈り主様が当日に受け取るのはNG。前日までに受け取りましょう

母の日当日は非常に宅配便が混み合っています。

地域や場合によってはご希望・予定のお届け時間帯へお届けすることができない場合がございます。

残念ながら一億人を超える日本の人口のそれぞれのおかあさんへのプレゼントですから、宅配便屋さんは大変努力をして下さっていますが、残念ながらいかんともしがたい事情でもあります。

また、天候事情・交通事情によっても、ご希望・予定のお届け時間帯へお届けできない場合がございます。母の日のお花のプレゼントは極力、前日までに手元に届くように手配するのがベターです。 

 ・生花を贈る場合

ただし、生花の場合はお水が必要ないきものです、水切れの危険がありますので、保管・管理はご注意ください。持ち運び可能な程度にお水を与えたり(たくさん入れると移動の際、水こぼれになり、せっかくのプレゼントをお渡しする際ちょっぴり困ったことになります)、ちょうど、5月上旬から中旬にかけてが母の日となりますが、気温の上昇・湿度がおおくなってきて生花は寿命が短くなりやすい時期になってきますので、お渡しするまでの保管の際は、ご注意ください。

ワンクッション置いてから受け取る場合は極力お水の必要のない、枯れない花・プリザーブドフラワーがおすすめです。

 

また直接花を手渡しせず、おかあさんに直送する場合できれば当日到着ではなく、前日までにお届けするのがおすすめです。

上記にも書いた通り、宅配便は非常に混みあっております。ご希望の時間帯に到着しかねて、かえっておかあさんが日曜日にお出かけできず、足止めしてしまって予定を狂わせてしまうことになったりすることも皆無ではありません。極力前日までにお届けして気持ちよく母の日を迎えさせてあげるのも、心遣いです。

またできれば、プレゼント送りっぱなし、ではなく、母の日当日は電話やお手紙を贈るなどして、感謝の気持ちを伝えたり、元気な声を届けるのがおすすめ。おかあさんは娘、息子が元気でいてくれるのを一番喜んでくれます。