父の日に贈るプリザーブドフラワー・感謝を込めたプレゼント

いつも家族のために仕事に、頑張ってくれているお父さんに感謝の気持ちを伝えるのが「父の日」。そもそも始まりは花をプレゼントしていた父の日。知らかなった父の日の歴史やプレゼントにおすすめの花について。

価格で選ぶプリザーブドフラワー

3000円からのプリザーブドフラワー 5000円からのプリザーブドフラワー 10000円からのプリザーブドフラワー

15000円からのプリザーブドフラワー 20000円からのプリザーブドフラワー 

・・・

当店の父の日に贈るのにおすすめのフラワーギフト・プリザーブドフラワー

 

父の日に贈るプリザーブドフラワー

 

父の日に贈る花・プリザーブドフラワー

http://www.flower-ventvert.jp/

 

・・・・

 

◇父の日

父の日は6月の第三日曜日

◇父の日のモチーフは「バラ」

母の日がカーネーションなのに対し、父の日は「バラ」がモチーフです。

女性にカーネーション、男性にバラってなんとなく面白いですね+.゜(*´∀`)゜+.゜

◇父の日のバラも「色」に注意

1910年の最初の祝典の際に、YMCAの青年が父をたたえるために

お父さんが健在のものは 「赤バラ」

お父さんが亡くなったものは 「白バラ」 を身に着けたとされています。

◇父の日の由来

今のような父の日が広まったきっかけはアメリカ。

1909年にアメリカ、ワシントン州の女性が男手一つで自身を育ててくれた父をたたえて教会の牧師にお願いして、

父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけ。

(ちなみに牧師はプロテスタントにおける聖職者、神父はカトリックにおける聖職者です)

この女性、幼いころ南北戦争が勃発し、

父ウィリアムは招集され、彼女を含む6人は母親が育てることになるが、おかあさんは過労がもとで、

ウィリアムの復員後間もなく亡くなり、以来男手ひとつで育てられ、

子供がみな成人したのち、父・ウィリアムは亡くなくなりました。

最初の父の日の祝典は、その翌年1910年6月19日に行われ、

当時すでに母の日が始まっていたことから、

「父の日」もあってしかるべきと考え、「母の日のように父に感謝する日を」牧師教会に嘆願して始まったとされています。

父の日プリザーブドフラワー 父の日プリザーブドフラワー 父の日プリザーブドフラワー

◇日本の父の日

日本では「父の日」にバラを贈るというのはなかなか定着しませんでしたが、

現在日本では「日本ファーザーズ・デイ委員会」が中心となり、毎年さまざまなキャンペーンを行っています。

「父の日」には黄色いリボンを贈ることを推奨しています。

これは、イギリスで古来「黄色」は身を守るための色とされていたことにちなんでいます。

「黄色」はアメリカにわたって「黄色いリボン」となり転じて「愛する人の無事を願うもの」となりました。

日本でも黄色は古来から「黄金の色」「稲穂の色」であり、縁起がよく豊かな実り、豊穣を表す色とされてきました。

風水では金運アップが有名な効能ですが、

実際に「黄色」という色彩の持つ力も実験でも確認されていますが、

「黄色」には「嬉しさ」「楽しさ」「希望」「向上」などを感じさせる効果のある色です。

とっても素敵ですね!

「黄色いリボン」は「黄色いリボン」は国際的なシンボルです。

オリンピックの五輪のマーク(青・黄・黒・緑・赤)のように不変のもので幸せを呼ぶ象徴といえます。

◇日本では6月は湿気と気温上昇のする季節のため、当店では生花のバラは使用をさけています、バラは枯れない花・プリザーブドフラワーがおすすめ♪

他にも季節的には生花なら

父の日のころに贈るのにふさわしい花は「ひまわり」 ひまわりの花言葉は「愛慕」や「崇拝」の意味を持っており、

日本では生花をお父さんに贈る際は黄色にちなんでひまわりを贈るかたも多いです♪

・・・

◇父の日の贈り物と相場

父の日のもともとの由来は母の日と同じく花をプレゼントすることですが、

現在は実用品や趣味のものを贈ることも多くなっています。

もちろん、物品をプレゼントせず、気持ちをプレゼントする方もおおくなってきています。

品物で贈るなら人気は

・お酒やお酒のおつまみのセット

・果物、スイーツなどたべもの

・ファッション小物、財布、バッグ

・健康グッズ

・ゴルフグッズ

・趣味のアイテム

など。

気持ちをプレゼントするかただと

・車の洗車

など、普段、おとうさんができないことをしてあげるのもおすすめです。

心を込めた贈り物にプラスありがとうの気持ちを込めた手紙などを添えるとより、一層喜んでいただけますヽ(´▽`)/

父の日の相場

5,000円から10,000円くらいが相場

ただ、働き盛りの方からお父さんへのプレゼントの相場になります。

学生さんや

まだ若い20代の方からのプレゼントの場合はもう少しお手頃価格の場合が多いようです。

◇父の日のプレゼントいつごろ贈ればいいの?

離れて暮らしている場合は、贈り物は前日までに宅配で贈るのがおすすめ。

遅くても当日には届くようにしましょう。

また、当日には感謝の言葉とともに電話連絡などをするようにしましょう。

うっかりして遅れてしまうような場合も

電話連絡をしてその旨を伝えておきましょう。

贈り物がとどけば、おくれてもいいや、とういうのではなく、

父の日、母の日、いずれも、感謝の気持ちを伝えるのがそもそもの目的です、

「遅れてごめんね」の言葉一つで誠実な気持ちが伝わるものです。