私たちの生活に身近なご先祖供養の参考に

仏事の由来やマナーについて

 

価格で選ぶプリザーブドフラワー

3000円からのプリザーブドフラワー 5000円からのプリザーブドフラワー 10000円からのプリザーブドフラワー

15000円からのプリザーブドフラワー 20000円からのプリザーブドフラワー 

 

・お盆とは

 

お盆とは正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。

旧暦の7月15日を中心に行われるご先祖様を供養する行事です。

この期間中、ご先祖様の霊があの世から帰ってきて家族とともにひと時をすごし、再び、あの世に帰っていくという行事です。

 

 

・お盆の期間

 

近年お盆の期間は地域により異なる場合があります。

東京、またその周辺の関東の一部地域では 7月13日から7月16日

その他の地域では 8月13日から8月16日を期間として行われます。

明治以前は日本のどの地域でも旧暦の7月15日を中心に、

7月13日に迎え盆、16日に送り盆を行っていました。

現在では8月15日を中心としてお盆の行事を行う地域が多くなりました。

 

〜お盆の期間豆知識〜

 

明治になって新暦が採用されると7月15日では、

当時日本は農業国で国民の8割が農家の人でしたので、、最も忙しい時期と重なってしまうことから、

お盆をひと月遅らせ、ゆっくりとご先祖供養ができるように8月にご供養するか地域が増えてきました

 

 

 

・お盆に準備すること

 

お盆の前日までに、ご先祖様の霊を迎える準備をします。

精霊棚(しょうりょうだな)、盆棚、仏壇に、 灯明、お線香、生花、果物などのお供えもの、

精進料理を備えた霊供膳(仏膳)などをお供えします。

 

新盆の場合は新盆用のお盆の前日までに、先祖の霊を迎える準備をします。

 

精霊棚(しょうりょうだな)・盆棚や仏壇に、灯明、線香、生花、果物などのお供え物、

精進料理を供えた霊供膳(仏膳)などを供えます。

 

盆提灯をかざります。

新盆の場合は新盆用の白提灯を忘れずに飾りましょう。

またお盆を迎える際は事前にお墓や仏壇のお掃除を事前にすませておきます

 

 

・お盆のお供え花を贈る時期

 

お盆のお供え花を贈る時期は 

お盆の入りの前の 11日〜12日がおすすめです。

お盆の期間中はお届け先様もご都合で 不在にされる場合がありますので

できれば事前にお花を贈る旨をご連絡の上 お花を手配されることがおすすめです。

お盆のお供え花・プリザーブドフラワー

 

 

・お盆のお供え花を贈るときのメッセージ

 

〜新盆・初盆のお供え花のメッセージ〜

 

『月日が経つのは早いもので、●●様の初盆(新盆)を迎えるにあたり、

あらためましてお悔やみ申し上げますと共に心よりご冥福をお祈り申し上げます。』

 

『●●様の初盆(新盆)をお迎えするとのこと、あらためましてお悔やみ申し上げます。

遠隔地におりますため、心ばかりですがお花をおくらせていただきます。ご家族の皆様のご健康を心よりお祈りいたします』

 

〜お供え花のメッセージ・タブー〜

 

一言、心を伝えるメッセージを一緒に贈りたい場合にも 知っておきたいメッセージに使用するのは控えたい文言があります。

その一 たびたび、などの繰り返し言葉は 死や不幸が繰り返される事を意味するので使わないようにしましょう

その二 再三、などの繰り返し言葉も上記と同様、繰り返されることを意味しますので使わないようにしましょう

その三 不幸が度重なることを意味する『忌み言葉』、同じことが二度繰り返す、という意味の重ね言葉の忌み言葉は避けるようにします。

その四 苦しむ、浮かばれない、などは亡くなった方の不幸を連想させるので避けましょう。

また『死亡』「死去』などの直接的な言葉も避けましょう