プリザーブドフラワー通販フルールヴァンベールです。プリザーブドフラワーのプレゼントをお届けします。結婚祝い、お供え、誕生日にぜひ。発送後、制作したプリザーブドフラワーを画像付きメールでお知らせします。

プリザーブドフラワーのお供え

近年人気のプリザーブドフラワーとは…?

幅広い年齢層の方に人気のプリザーブドフラワーはフランス生まれの枯れないお花。 造花とも、ドライフラワーとも違う生花に特殊な加工を施して生まれたプリザーブドフラワーは、生花のみずみずしいうつくしさをそのままに保ちながら、水やりなどのお手入れいらず、花粉、香りがなく衛生的なお花。

おまけに、保管次第で数年程度綺麗なままで咲き続けてくれるという特徴を持っていることも人気の秘密。

◇プリザーブドフラワーがお供えにおすすめのポイント

1、お水替えが必要ない

2、花がらとりなどのお掃除、お手入れの必要がない

3、お世話いらずなので、旅行やお仕事で家を空けることがあっても綺麗なまま咲き続けてくれる

4、保存次第で綺麗なまま数年咲き続ける

5、暑い時期、お部屋を閉め切っていても枯れない。

6、嫌な臭いがない

実際にお買い求めいただいたかたからも、

・本当に枯れないんですね。夏場の暑い時期に嫌な臭いに悩まされたりせず飾ることができてありがたかったです。

・高齢になった父では生花のおていれができなかったので、プリザーブドフラワーにしてよかったです。

など、お声を頂いております♪

プリザーブドフラワーのお供え

 プリザーブドフラワーのお供え

 ◇プリザーブドフラワーのお供えによいところ

独居の方も多くなりましたが、プリザーブドフラワーは水替えや花がらとりなど生花に必要なお世話が不要。お年を召した方、お花のお世話がわからないかた・男性の方、共働き、介護等で忙しくされている方に気軽に飾っていただけます。

◇生花とくらべて意外とお得なプリザーブドフラワーのお供え

枯れずに咲き続けるから、生花を飾って飾るより金銭的にお得な場合があります。

特に夏場、締め切ったお部屋だと新鮮なお花であっても寿命は残念に。近年かなり早い時期から遅い時期まで気温が高い季節がつづきますので5月~9月までを生花の寿命がかなり短い季節とします。

3日に一度、生花をかえるとすると

500円(一回の仏花購入価格) × 10回(月間生花購入回数) × 4(5月~9月の四か月) = 20,000円

と、なります。

プリザーブドフラワーの場合、一度購入すると数年程度綺麗に咲き続けますので、一つ10,000円のプリザーブドフラワーを一年飾っても、生花にくらべると金銭的にお得となります。

枯れることがなくフレッシュ感が長く続くため、毎回生花を買うより金額的にお得な場合があります。

 ◇プリザーブドフラワーはお供えに飾ってもいいの?

やっぱり生花でないと…という方がおいでになります。地域、宗派によっては、もともと「造花」を飾る、というところもあれば、色とりどりのお花を飾る、というところ、シキミを飾るのが定番、というところもありますので、贈り物にされる場合は、あらかじめ、先様の負担をなくすためにプリザーブドフラワーをお供えとして贈りたい…とご了解を取っておかれるのがおすすめです。 

◇バラのプリザーブドフラワーをお供えしてもいいの?

最近は洋間、洋風に暮らす方も多くなったので、気にされない場合もありますが、お供えの花は本来「とげもの」は避けるのがマナーとされています。 例えば生花なら、アザミや、バラなどです。 プリザーブドフラワーは花首だけで流通しており、フラワーデザイナーが手を加えることによって、アレンジメントに仕上げています。このため、バラであっても、とげはないのですが、先様に贈る場合など、マナーを気にされるようでしたら、贈り物にはさけるのがおすすめです。

 ◇サイズ小さくない?

上記にも記載しましたが、プリザーブドフラワーは花首だけで流通しており、その花首だけのお花にデザイナーが手を加えてアレンジメントに仕上げています。このためどうしても生花と比べるとサイズは小さくなりがち。気になるようでしたら、なるべくアレンジメントの器が背の高いものを選ばれるのがおすすめです。

 ◇プリザーブドフラワーのお供えを贈り物にしても大丈夫?

最近は、生花でなくてもOKのかたも多いですが、上記の通り、地域や、マナーに対するお考えによっては、プリザーブドフラワーのお供えはちょっと…とう場合もないとは言えません。贈り物としてお供えにプリザーブドフラワーを贈られる場合は、あらかじめ、大切な方を亡くされて心がデリケートになっているこの時期に枯れるお花をさけてプリザーブドフラワーをお供えに贈ろうと思う…ことや、お世話が困難な状況と思われるから、プリザーブドフラワーをお供えに贈りたい、などを先様にお伝えしておかれるか、メッセージでお伝えしておかれることをがおすすめ。 マナーや、先様へプリザーブドフラワーをお供えに贈っても大丈夫かな…?と不安がある場合は、お供え用に贈るのは避けることをおすすめします。 上記の通りですので、ご自身がお仏壇等、天国の故人、ペットへ綺麗が長持ちするお花をかざろう!と思う場合はもちろん大丈夫です。ご自宅用にもプリザーブドフラワーをお供えに飾られるのはおすすめです。

◇ペットのお供えにプリザーブドフラワーを贈るときの注意点

お供えらしい雰囲気のものやフォーマルな雰囲気よりもかわいらしい雰囲気もの、また 白にこだわらず優しい色目のものでおくられても失礼なく、先様のお心をお慰めできます。なお、実際のお届けの場合は、ペットのお名前ではお届けできませんので、必ず、飼い主の方のお名前を記載くださいますようお願いいたします。

お供えのプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーのお供え

お供えのプリザーブドフラワー。白色のプリザーブドフラワー。

 ◇お供えのプリザーブドフラワー 

 

◇価格で選ぶ

▶ 3,000円~ ▶ 5,000円~ ▶ 10,000円~ ▶ 15,000円~ ▶ 20,000円~