プレゼント

 

 

プリザーブドフラワーのプレゼント  結婚式で両親に記念品・プリザーブドフラワーをプレゼント

 

 一生に一度の結婚式。

一昔前までは結婚式、披露宴で両親への感謝の気持ち…

として花婿さん花嫁さんからのお手紙やご両親へのプレゼントなどはなかったのですが、

日本がゆたかになり、せっかくの披露宴、ご両親にも感動のセレモニーを楽しんでいただけるようにと

結婚式でご両親へプレゼントが渡されるようになったりしてきました。

 

 プレゼント

 

価格で選ぶプリザーブドフラワー

3000円からのプリザーブドフラワー 5000円からのプリザーブドフラワー 10000円からのプリザーブドフラワー 15000円からのプリザーブドフラワー 20000円からのプリザーブドフラワー 

 

 お祝いのプレゼント・プリザーブドフラワー プリザーブドフラワーのプレゼント

 

結婚式で両親にプレゼントするプリザーブドフラワーのアレンジ

結婚式で両親に贈るケース入り

プリザーブドフラワーのアレンジ

結婚式で両親にプレゼントするプリザーブドフラワーのアレンジ

結婚式で両親にプレゼントする

ケース入りの赤バラアレンジ

結婚式で両親にプレゼントするプリザーブドフラワーのアレンジ

結婚式で両親にプレゼントする

 

バスケットアレンジ

プリザーブドフラワーのアレンジ

プリザーブドフラワー

ケース入り・小鳥付きアレンジ

結婚式で両親にプレゼントするプリザーブドフラワーのアレンジ

一つ一万円以内のプリザーブドフラワーの

アレンジ

結婚式で両親にプレゼントする

ハートモチーフアレンジ

結婚式で両親にプレゼントするプリザーブドフラワーのアレンジ

結婚式で両親にプレゼントする

ケース・小鳥付きプリザーブドフラワー

結婚式で両親にプレゼントするプリザーブドフラワーのアレンジ

結婚式で両親にプレゼントする

プリザーブドフラワーのリース

プリザーブドフラワーのアレンジ

プリザーブドフラワーのアレンジ

ケース入り

プリザーブドフラワーのアレンジ

結婚式で両親にプレゼントする

ケース入り・小鳥付きアレンジ

プリザーブドフラワーのアレンジ

顔合わせにプレゼント 

ケース・小鳥付きアレンジ

プリザーブドフラワーのアレンジ

結婚式で両親にプレゼントする 

記念のケース入りアレンジ

結婚式で両親にプレゼントするプリザーブドフラワーのアレンジ

結婚式で両親にプレゼントする

プリザーブドフラワーのアレンジ

プリザーブドフラワーのアレンジ

結婚式で両親にプレゼントする

プリザーブドフラワーのアレンジ

 

 

プレゼント

 

 

プリザーブドフラワーのプレゼント 日本における結婚式の由来

 

日本神話で、国生みの神話が結婚式の起源といわれています。

「いざなぎのみこと」 という男神と

「いざなみのみこと」 という女神が

天の御柱を巡って結ばれ日本に多くの神々を産み、日本という国がうまれました。

これが起源とされています。

また平安時代は通い婚の時代ですが、

帝におかれては女御と家族が入った宮中の殿舎に帝が三夜しのばれたのち、

「ところあらわし」という宴を行う、これが現在の披露宴にあたります。

民間においても結婚は男性が女性の元へ三夜続けて通い、

女性の家ではその間訪れる男性と供のものを接待し、3日目には「ところあらわし」という披露宴が行われていました。

時代が移って安土桃山時代で身分によらず結婚式に該当する儀式は行われていました。

江戸時代から明治時代では

婚礼の席に、神様が臨在する考えられ、高砂を整え、盃をかわしていわゆる「祝言」=結婚式が行われていました。

以前は自宅で行うことが多かった結婚式でしたが

現代ではホテルや結婚式場、またハウスウエディングとして一

軒家を借りきって身近な方々とパーティーを行うなど自由にとりおこなわれるようになりました。 

 

 

 

プレゼント

 

 

プリザーブドフラワーのプレゼント 結婚式で両親へプレゼントするものなの?

 

結婚式場、ホテル、ハウスウエディングさまざまな結婚式のシーンがありますが

その中でクライマックスの一つが

新郎新婦から、両親へ向けての今までの感謝を込めたお手紙の朗読とご両親へのプレゼント

の、シーンではないでしょうか。

 

いまでこそ、両親贈呈のプレゼントは当たり前のように行われていますが

10年、20年前頃は両親へのプレゼントは必要のなかったものです。

 

せっかくの披露宴、ご両親にも楽しんでいただこうという演出の一つとして始まったものです。

日本が豊かになるにつれて、様々な演出が楽しんで行われるようになったといえます。

 

ただ、現在はお父さま、お母様、両親へプレゼントを必ずしなくてはならないというものではないですが

お母様には何らかのプレゼントをお渡ししたほうが、披露宴の演出上、よい場合が多くなっているようです。

 

 

 プレゼント

 

 

プリザーブドフラワーのプレゼント 結婚式の両親へのプレゼント・手紙の文例

 

結婚式・披露宴のクラマックス!ご両親へお手紙とともに渡すプレゼント。

でもプレゼントの前に…手紙ってどんなことを書けばいいのかな?

いざとなると照れくさかったり、感謝の気持ちはあってもうまく言葉にできなかったりするものです。

すなおな感謝の気持ちを伝えるのがおすすめです

 

文例1

 

「お父さん、お母さん

ふたりあてに、手紙を書くのは初めてです。緊張するけど、きいてください

●●年、今まで私を育ててくれて、本当にありがとうございました。

小さいころは体の弱かった私はお父さんとお母さんに心配をかけてばかりいました。

熱に浮かされ夜中に目を開けるとお母さんの優しいまなざしがあり、

忙しいはずなのに、夜遅くなるといえば心配して

お父さんがむかえに来てくれたり、

いつも二人の優しいまなざしに見守られてきた私は本当にしあわせものです。

手のかかる子供だったうえに

大きくなってからまだまだ満足に親孝行もできないまま

今日まできてしまいましたが

精一杯、新しい家庭を築いていくことで二人への感謝とお礼の代わりにしたいと思っています。」

 

・お手紙の最初は両親への呼びかけがスタンダードです。

 

「お父さん、お母さん」など。

・お手紙のメインの部分は家族の思い出などを書きましょう。

旅行や学校、反抗期のエピソードなど

・最後はしめくくり

新郎や義父母へのこれからのご挨拶などのメッセージなどを添えてもOK

 

 

プレゼント