プリザーブドフラワー通販フルールヴァンヴェール|結婚祝い、誕生日、お供えのプリザーブドフラワー。発送後、制作したアレンジを画像付きメールでお知らせするからプレゼントも安心。

【お供えプリザーブドフラワー】毎日手を合わすご家族の負担を減らす花

  お供えに飾るプリザーブドフラワー。お仏壇に飾る・お供えする仏花は今、プリザーブドフラワーは注目されてきています。仏壇に飾るお供え花はこれまで「生花」で飾ることが多かったですが、近年は高齢化や夏の気温の高さや、共働きの増加により、お花の世話の難しさなどから毎日手を合わすご家族の負担を減らすプリザーブドフラワーを飾る方も増えてきました。プリザーブドフラワーのお供え花の心遣いの参考にしてください。

価格で選ぶプリザーブドフラワー

3000円からのプリザーブドフラワー 5000円からのプリザーブドフラワー 10000円からのプリザーブドフラワー 15000円からのプリザーブドフラワー 20000円からのプリザーブドフラワー 

 

◇プリザーブドフラワーを仏壇にお供えがおすすめ理由 

・水替えの手間が不要で、ご家族の負担を減らします 

近年は共働きの方もふえ、お仕事や、地域の行事ごとなど、忙しくて毎日の水やりが難しい方なども、とても増えてきています。時代の移り変わりとともに生活スタイルの変化の一つといえるでしょう。また、夏場の気温上昇など環境の大きな変化とともに生花のお世話が非常に負担に感じられるようにもなりました。高齢化に伴い、生花は好きでも、毎日の水替え・生花のお手入れは、負担になることも。 

仏様となった大切なおじいちゃん、おばあちゃん、おとうさん、おかあさんに綺麗な花を飾りたい…そんな気持ちはあっても、なかなか難しいのが現実です。そんな後に残されたご家族様の負担を少し軽くしてくれるプリザーブドフラワーです。 

 

プリザーブドフラワーお供え プリザーブドフラワーのお供え

◇プリザーブドフラワーお供え

・花粉症やアレルギーなどで生花を飾るのが難しい方にも気軽に飾っていただける 

プリザーブドフラワーは生花に特殊な加工を施して生まれた「枯れないお花」です。造花ではなく生花にオーガニックな加工を施しているから人体にも安全で、それでいて、花粉もなく、香もなく、水替えの必要もないお花です。近年は花粉症やアレルギー体質に悩む方も多くなっていますから、プリザーブドフラワーは仏様に生花が飾りたいけど、飾ると体調が悪くなってしまって…!と悩むご家族様に喜ばれるお花です。

プリザーブドフラワーお供え プリザーブドフラワーのお供え

◇プリザーブドフラワーお供え

プリザーブドフラワーお供え プリザーブドフラワーのお供え

◇プリザーブドフラワーお供え

・長持ちだからローコスト。家計にやさしいお花です 

生花から生まれたプリザーブドフラワーはフランス生まれのお花です。1991年、フランスのヴェルモント社で「長寿命の切り花製法」として世界特許を取得したお花で、オーガニック加工で生花のみずみずしさを失わず、適切な管理をしていただければ長期間楽しめる驚きのお花です。 

フランスと違い夏場は高温多湿になる日本ではフランスほどの長寿命は期待できませんが、それでも適切な管理をしていただければ数年程度、綺麗が長持ちするお花です。プリザーブドフラワーは生花に特殊加工を施していますので長持ちする代わりに、ちょっぴり高価…に感じるかもしれませんが、長期間綺麗に飾れることを考えると、実はローコストにお仏前を飾ることができるので、家計的にもご家族の負担を軽くすることができるお花です。

プリザーブドフラワーお供え プリザーブドフラワーのお供え

◇プリザーブドフラワーお供え

・お手入れいらずでお仏壇まわりを汚す事がないから、高齢の方や男性の方にも気兼ねなく飾れる 

生花に特殊なオーガニック加工をほどこして誕生したプリザーブドフラワーですが、生花と大きく異なる特徴が「枯れない」「水やり不要」「花粉なし」男性の方だと、お花をお仏壇に飾るのはいいけど、どうやってお世話したらいいのかわからない…と、生花の場合はどうしてよいか、わからず、お仏壇を飾るつもりが、かえって、汚してしまったりすることも。

プリザーブドフラワーは生花のみずみずしさを備えたままでありながら、花粉が落ちることも、枯れて葉や花が落ちてお仏壇をよごすことなく、気兼ねなくかざれます。

プリザーブドフラワーお供え プリザーブドフラワーのお供え

◇プリザーブドフラワーお供え

◇お供え用・お悔やみ用にプリザーブドフラワーを飾る場合・贈る場合の心遣い 

・お供え・お悔やみにプリザーブドフラワーを贈る場合 

ご自身のご家族様が夏場にお亡くなりになられて、たくさんいただいたお花のお世話・水替えが大変で…、共働きでお花を絶やさず仏壇に飾りたいけどお花の多忙なあまりお供えの花のお世話をしてられない…こんな実体験からプリザーブドフラワーをお供えの花としてご仏壇にかざったり、お供えとして贈ったりすることも最近は珍しくなくなってきました。 

また取り急ぎお悔やみの気持ちを伝えたい…そんな時のお悔やみの電報にもプリザーブドフラワーつきでお悔やみのメッセージとともに贈ることが多くなってきております。が、ご自宅はともかく、先様に贈るにはやっぱり配慮したい部分もありるかと思います。

 

プリザーブドフラワーお供え プリザーブドフラワーのお供え

◇プリザーブドフラワーお供え

◇お供え・お悔やみにプリザーブドフラワーを贈っても失礼にはならない? 

最近はプリザーブドフラワーつきのお悔やみ電報(取り急ぎ電報で弔意を伝える際にもプリザーブドフラワーとともにメッセージをおくるようなっています)や、 

葬儀屋さんでも、「造花」を使用するお花のラインナップの中に取り扱うようになっておりますのでプリザーブドフラワーをお供え花として贈るのに、失礼だということはなくなってきています。また、お亡くなりになってすぐは生花でのお悔やみが集中しますので、お花のお世話が、かえってご遺族様のご負担になる場合もあります。 

このため、ご家族自身があえてプリザーブドフラワーをお供えに飾る場合や、ご遺族様のご負担を減らす意味で「造花」や「プリザーブドフラワー」で、お供えの花を贈られる方も年々、増えてきています。 

たとえば故人が花が好きだったので…、大切な故人にさみしい思いをさせたくないから…、四十九日までは、お花を絶やすことなく飾りたい…そんな場合は生花が寿命がきて入れ替える場合も、毎々入れ替えるのは家計の負担もあるため、入れ替えの間に造花やプリザーブドフラワーを飾ることができたので、造花やプリザーブドフラワーのお供え花をいただいて、ありがたかったという、実体験に基づいたご意見や故人が夏にお亡くなりになって、生花をたくさんいただいてありがたかったけど、お花のお世話が大変で仕事や家庭の雑事、高齢者を抱えてのお花のお世話は大変だったから、「造花」や「プリザーブドフラワー」のお供え・お悔やみ花はとても助かった…という実体験もあり、実は、とても実用的な贈り物がお供え用プリザーブドフラワーです。 

が、やっぱり、人間のお供え花として「造花」や「プリザーブドフラワー」を贈るのは実用的でも先様はどう思われるだろうか…と不安な場合もあると思います。

・プリザーブドフラワーをお供えに贈るとき、あまり先様のご様子がわからない場合 

遠く離れていて、先様の状況がよくわからない場合や、プリザーブドフラワーのお供え電報など、プリザーブドフラワーが一般的に普及はしてきていても、先様がさほど親しくなく、プリザーブドフラワーのお供えを贈るのに不安がある場合は「生花」のお供え花を贈るのが無難です。

 

・プリザーブドフラワーをお供えに贈るとき、先様が親しいお付き合いのある場合 

実際に葬儀を大変された方は生花がいっぺんに届いて、それぞれのお花がだいたい同じ時期に寿命がきて、お部屋がさみしくなる頃に時期をずらしていただいたお供え花がありがたいという場合もあります。 

もし、普段から親しくしていて、お供えにプリザーブドフラワーを贈るのに不安がある場合は、お悔やみのご連絡とともに、お花についてお話しすることができるならば、上記ような、ご家族さま・ご遺族様の負担を減らしたいという配慮をお伝えしたうえでお花をお届けする時期や生花かプリザーブドフラワーがよいか、あらかじめ確認されると、先様のご負担を減らす心遣いが伝わるお悔やみになります

 

  

 

◇プリザーブドフラワーのお供えは、特にご自宅用・ペットのお供え・お悔やみ用が人気 

先様にお供え花としてプリザーブドフラワーを贈る場合に不安がある場合は上記のとおり、ご負担を減らしたいという心遣いをお伝えしてご確認の上プリザーブドフラワーのお供え花をおくられるか、 

ご家族がなくなられたばかりで先様がご多忙で連絡するのはためらわれる場合は、ご負担を減らしたいという心遣いをメッセージカードに託して先様に贈られるのがおすすめです。 

もちろん、プリザーブドフラワーのお供え花は、綺麗で、そして長持ちなだけでなく、とても実用的なお花ですから、ご自身のご自宅のご仏前に飾るかたは年々増加傾向です。 

また、ペットのお供えにプリザーブドフラワーを贈る方も増えていますペットの仏前に飾るお供え花や、ペットちゃんのお悔やみに飼い主様に可愛い雰囲気のプリザーブドフラワーを贈る方も多いです。 

プリザーブドフラワーのお供え花はとても実用的な側面と先様へのお手を煩わせない・ご家族のご負担をへらすという、心遣いいっぱいのお花です

 

◇お供えに気軽に飾れるプリザーブドフラワーとはそもそも生花から生まれた枯れない花 

プリザーブドフラワーはヨーロッパ生まれの枯れないお花。 枯れないお花と言われるゆえんは プリザーブドフラワーが造花(アートフラワー)ではなく、もともとが生花だということ。 

「プリザーブドフラワー」の「プリザーブド」の意味は「保存する」という意味。

生花に特殊な加工を施して そのみずみずしさをそのままに 長くお楽しみいただけるよいうに生まれた魔法のお花です。特殊な加工といっても オーガニック加工なので人体にも安心安全です♪ 

 生花から生まれたプリザーブドフラワーは実際にお届けしてみて、ふれていただいて皆様にも好評、「花びらがやわらかい!」「これ、本物の生花じゃなの??」と 驚かれるほどのみずみずしさ、そして、生花とそん色のない美しさです。

 

◇お供えプリザーブドフラワーの長所 

もともと 生花から生まれたプリザーブドフラワーはアートフラワーと違って、とても みずみずしい、生花同様の風合いを持っていること。それでいて お手入れがとても簡単! なんとお水やり不用で長期間お楽しみいただけます。お楽しみいただける期間は 保管方法と 保管場所にもよりますが、適切にお楽しみいただけると 数年お楽しみいただけるお花です。
 

お供えプリザーブドフラワー  

   ●お供えのプリザーブドフラワーをより長く飾るための心得 

 
 
 
・水やりはしないでください 
 
プリザーブドフラワーは生花ではございません。お水は与えないでください。加工を施して長くお楽しみいただけるようにはなっておりますが、デリケートな部分もございます、お水をかけたり、湿度が高すぎると花びら半透明になったり、お花の色素が流れ出して接触する部分に花色が写ってしまうことがありますのでご注意ください。 
 
湿度が高くて花びらが半透明になってしまった場合は、シリカゲルなど乾燥剤とともに箱などにいれて一日から数日 様子をみてください。適切な乾燥状態になると 元通りの花びらに戻ってきます。 
 
 
・直射日光には当てないでください
 
 
高温多湿、そして直射日光、直風。生花の場合も避けていただきたいお楽しみ方法ですが、プリザーブドフラワーも同様です。高温多湿と直射日光、直風は避けてください。多湿については上記「水やりはしないでください」でも記載させていただいておりますとおり、もし花びらが多湿の影響を受けた場合は 乾燥剤とともに入れるなどしていただきたいと思います。 
 
直射日光は せっかくのプリザーブドフラワーの早期の色褪せの原因になります。また エアコンや扇風機などの風がじかにあたるような場所に置くのは避けてお楽しみください。 
 
 
・ほこりがたまってしまったときは 
  
生花と違い長くお楽しみいただけるプリザーブドフラワーの場合、飾っている間に ほこりが気になることも。生花と同様に花びらもやわらかく、乱暴に扱うと花びらが損傷したりするので ほこりをとるときは十分ご注意ください。やわらかい毛先の (お化粧のとき使用する)チークブラシや、ふわふわの羽などで 極力ふんわりと ホコリをとってください。

 

プレゼント