退院祝い・快気祝いに贈るプリザーブドフラワー

励ましの気持ちを伝える・相手の体調を気遣って贈るのに最適な花

プリザーブドフラワーは生花から生まれた枯れないお花。

フランス生まれのプリザは生花のみずみずしさを備えながら、

「花粉」「香」「水」不要のお花です。

 

歴史はまだ浅くフランスのヴェルモント社が「長寿命の切り花製法」として

特許を取得したお花。「花粉」や「香」がないから、お見舞いに贈るのにもぴったりです。

価格で選ぶプリザーブドフラワー

3000円からのプリザーブドフラワー 5000円からのプリザーブドフラワー 10000円からのプリザーブドフラワー 15000円からのプリザーブドフラワー 20000円からのプリザーブドフラワー 

 

体調を崩されて病院に入院…殺伐とした気持ちになりがちな方へのお見舞いにお花を…というのが定番です。

入院されると食べたいものが食べられないご病状の方もいたりするので

お見舞いの贈り物は悩みどころですが、お花なら、見る人の心を癒してくれて、

かつ食事制限のある方でも目を楽しませてくれる贈り物。

 

でも、実は近年、病院は衛生上の理由や管理の理由から、

病室への生花の持ち込みは禁止しているところも珍しくありません。

 

このことから病室へお見舞いに伺ったりする際に生花ではなく、

プリザーブドフラワーを贈る方も増えてきました。

プリザーブドフラワーが、先様の負担にならず、励ましの贈り物に最適なワケ、掲載しています

 

 

 

プリザーブドフラワー

 

プリザーブドフラワー

【プリザーブドフラワー】

同僚の退院祝い

プリザーブドフラワー

【プリザーブドフラワー】

姉のお見舞いアレンジ

プリザーブドフラワー

【プリザーブドフラワー】

姉の退院祝いのアレンジ

プリザーブドフラワー

【プリザーブドフラワー】

先輩へお見舞いアレンジ

プリザーブドフラワー

【プリザーブドフラワー】

出産祝いのプレゼント

プリザーブドフラワー

【プリザーブドフラワー】

サークル仲間へのお見舞いアレンジ

プリザーブドフラワー

【プリザーブドフラワー】

上司の奥様へ退院祝い

プリザーブドフラワー

【プリザーブドフラワー】

お店のオーナーさんへ退院祝い

プリザーブドフラワー

【プリザーブドフラワー】

お母さんへ退院祝い

   

 プリザーブドフラワー通販   

            

 プリザーブドフラワーお見舞い

 

 プレゼント

 

 

◇入院先にお見舞いのプリザーブドフラワー

 

近年病院へのお見舞いは生花の持ち込み禁止の病院が増えています。

お見舞いに行くにしても手ぶらはちょっと…と思っても、

病状によっては食事制限のある場合もありますので、

衛生的なプリザーブドフラワーでお見舞いにする方が増えてきています。

 

お見舞いの際に注意したいことは…

 

●入院お見舞いに花を贈るタイミング

 

・病状が落ち着いた頃にしましょう

体調の悪い時期にお見舞いに伺うのは患者さんにも、先様のご家族様にもご負担になります。

体調が落ち着いていることを確認しましょう

 

・入院されている場合、入院直後は避けて、できれば病状、入院期間、お部屋の様子をご確認ください

 

大部屋の場合は各人で身の回りの物を置けるスペースが限られていて

かなり小さ目です。

お見舞いのプリザーブドフラワーもできれば小さ目の、場所をとらないサイズにされるのがおすすめです。

 

・手術を受けられる場合は術後、病状が落ち着かれていることを確認の上贈りましょう

 

心配なのはわかりますが、術後すぐは体調が安定せず、

ご本人様はもちろん、先様のご家族様にも精神的にも余裕のない時期です。

お見舞いの品をいただいても、もしも体調が崩れているときなど、

かえって先様の精神的な負担になる場合もございます。

極力先様のご様子など確認の上、入院のお見舞いに伺いましょう

 

・お花の贈り物はできれば 退院後、落ち着かれたころを見計らってご自宅へお届けになることをお勧めいたします

 

花のプレゼント

 

◇退院祝いに贈るプリザーブドフラワー

 

・退院祝いのプリザーブドフラワーで喜ばれる色目

 

・暗い色目はマナー違反

 

病気を患っている方は普段と違い、想像以上にデリケートになっている場合があります。

お見舞いにプリザーブドフラワーを贈るなら暗い色目は避けて、なるべく縁起のよい、明るい色目で贈りましょう。

 

実際に会ったケースだと

「Aさんは、大人っぽいシックな色が好きだから…」と

落ち着いた色目のお花をプレゼントしたら、

気持ちが暗くなって悪いほうへ物事を考えてしまった…と意気消沈してしまった…ということも実際にあります。

 

できれば、気持ちの華やぐ明るい色目のプリザーブドフラワーをプレゼントするとよいでしょう。

 

 

・「赤」一色は避けましょう

 

「赤」は「血」を連想させるのでできるだけ避けましょう。

「赤」の色彩効果としては「活力」を与える色目ですが、

血圧の上昇や気持ちの高揚、興奮を促す力を秘めた色目ですから、病人の方には不向きです。

 

とはいえ、活力を与える色でもありますのでワンポイント使いにするなど配慮されるとよいと思われます

 

・退院祝いに贈るなら「ピンク」や「イエロー」「オレンジ」系が喜ばれます

 

ピンクやイエロー、オレンジはそれぞれ、

気持ちが優しくなれたり、明るい気持ちや、喜びの気持ちになれる効果のある色目です

退院祝いや入院お見舞いなど、先様が気持ちがまだまだ落ち込んでいたり、デリケートになっているときは

気持ちが優しくなれるピンクや

明るい気持ちになれるイエロー、

幸福感を感じるオレンジなどの色目がおくるなら安心です。

  

 

プレゼント