結婚祝い、誕生日、お供えに贈るプリザーブドフラワーを通販。発送後、制作したアレンジを画像付きメールでお知らせするのでプレゼントも安心。

◇プリザーブドフラワー購入の前に 

プリザーブドフラワーを通販しようと思うけど、いざ選ぼうと思ったら、どんな風に選べばいいか、迷ってしまう…そんな時に先様に喜んでもらうために、生花との違いや、通販するさいに知っておきたいチェックポイント 

価格で選ぶプリザーブドフラワー

3000円からのプリザーブドフラワー 5000円からのプリザーブドフラワー 10000円からのプリザーブドフラワー15000円からのプリザーブドフラワー 20000円からのプリザーブドフラワー 

 

プリザーブドフラワー そもそもプリザーブドフラワーのプレゼントは喜ばれるの?  

お花としては、近年生まれたばかりのプリザーブドフラワーは、生花に特殊な加工を施したフランス生まれの切り花長寿命製法。 

女性に圧倒的に人気のあるプリザーブドフラワーですが、やっぱり、生花のほうが好き…という方と枯れたりしないプリザーブドフラワーのほうが好き…という方と、それぞれいらっしゃいます。 

 

プリザーブドフラワー プリザーブドフラワーと生花…フラワーギフトはどちらが喜ばれるの? 

誕生日や結婚祝い、開店祝いに花を贈ろう!…とは思ったものの、最近は生花だけでなく、生花から生まれた枯れないプリザーブドフラワーもトレンドって聞いたけど、どっちを贈ったらよろこばれるのかな?と疑問に思うことも。 

生花とプリザーブドフラワー、どちらが喜ばれるかは、実際のところ、先様のお好み、ライフスタイル、価値観によって違うのでどちら、と言い切れるものではありません。 

喜ばれるフラワーギフトにするために一番のポイントは相手のライフスタイルを考慮すること、そして、生花であれ、プリザーブドフラワーであれ、相手のことを思いやって、お好みを考慮することが喜ばれる秘訣です。 

 

プリザーブドフラワー 生花とプリザーブドフラワーの特徴と違い 

生花は、季節ごとにでまわる花が違う、「いきもの」。いきものである以上、寿命があり、一定期間が過ぎると枯れていくものです。命の宿るみずみずしい美しさが特徴であり、また季節によりますが香もあります。(季節によっては香がはっきりとしない場合もあります) 

気温が上がってくると寿命が短くなり、水が必要なことと相まって、匂いがでてくることから、気温の高くなる時期・夏場・残暑の時期には、不向きです。

枯れるのがいや、という方もおいでになりますが、「消え物」だからこそ、相手に負担にならず、お花の終わりとともに、心に印象・思い出を残して処分することができる長短併せ持ちます。 

そしてプリザーブドフラワー生花に特殊な加工を施した「枯れない」花(造花ではありません)。 

保管状況によりますが、水やりいらずで数年程度、みずみずしい美しさをそのまま保つことのできる花です。生花から生まれたお花ですが、香はありません。また花粉もありませんから、アレルギーのあるかたにも安心して楽しめるお花です。

ただ、湿気を帯びると花びらが透明になるため、お風呂場やキッチンなど湿度の高い場所、湿気の多い場所には不向きです。 (ちなみに湿気を帯びて花びらが透明になった場合はシリカゲルなど湿気とり、乾燥剤とともに透明なのが治るまで、毎日様子を見ながら保管してください。もとに戻ることがあります)水入らずで、衛生的。手入れがりませんから病身の方、高齢者の方にも人気です。 

 

プリザーブドフラワー 相手のライフスタイルを考慮して選ぼう! 

上記が生花とプリザーブドフラワーの違いと特徴です。それぞれ長所と短所があります。 

じゃ、どっちが喜ばれるフラワーギフトなの?と思われるかもしれませんが、この特徴を踏まえて、贈る相手のライフスタイルを考慮して選ばれるのがおすすめです。たとえば… 

・共働きで日中出入りが多くお花を眺める時間の少ない方への

結婚祝いや、結婚記念日のお祝いの場合 

こんな場合はプリザーブドフラワーがおすすめ。とくに記念のプレゼントは、たとえば、「今年は結婚30周年の節目だよね」と長く飾って楽しめるプリザーブドフラワーが人気です。

生花にすると、あまり見る機会がないうちに寿命がきてしまいます。 

また、気温の高い時期は生花は、あついお部屋に置いておくことで数日のうちに、嫌な臭いが出るようになって、せっかくのプレゼントが残念なことに。 

また、結婚祝いの場合、結婚式場へ届ける場合は遅延の発生することがないように、あらかじめ前日までに会場に到着するように、お花を贈る必要がありますので、生花のばあい、日にちがあくとしおれたりする可能性があるので生花はさけるのがおすすめ。 

お荷物が多いので生花は重量があるので、式場へ直接宅配、配達でお届けされると先様のお帰りのさいのご負担になりますので、生花は避けるのが無難です。 

式場へおくられるならば、お祝いのメッセージなどとともに、あらかじめ漸次までにプリザーブドフラワーをおくられることがおすすめです。 

・ 夏の時期、気温の高い時期は生花はさけるのが無難です。 

生花は気温がたかいと、寿命が短く、お手入れしていても、嫌なにおいが出やすいためです。気温の高い時期の花のプレゼントは、用途にもよりはしますが、プリザーブドフラワーのほうがおすすめです。 

 プリザーブドフラワー 例えば用途別に考えるなら生花とプリザーブドフラワーどっちを通販しようかな?

 ・ 知人が新規にお店を開店するけど飲食店だから、オープン時期にぱっとお店をいろどりたい 

こんな場合は生花がおすすめ。

お店のオープン祝いには長持ちはするケド、生花に比べるとちょっと小ぶりになるプリザーブドフラワーよりも、ぱっとお店を華やかに彩って、スタッフさんやご来訪のお客さまの目を楽しませることに主眼をおくなら、消え物である生花がぴったりです。 

ただ、お店のご主人さまでバーやクラブの場合、ちょっと大き目でも高級で長持ちするプリザーブドフラワーをお好みになる場合があったり、衣料品店などで水ものがNGの場所にはプリザーブドフラワーの贈り物が喜ばれる場合があります。 

また個人の方への贈り物の場合、

・多忙な方でお花のお手入れが行き届かない場合や、

・不在がちの方にも長持ちするプリザーブドフラワーが喜ばれる傾向にあります。

・忙しく働くことの多くなったおしゃれな現代女性にもプリザーブドフラワーが人気です 

・子供さんが大勢いる幼稚園や保育園のお祝い 

水が入った生花は重量もありますから、元気に跳ね回るお子さんの多い場所には落下の危険なども含めて考慮してください。生花よりプリザーブドフラワーのほうが喜ばれる場合があります 

・記念、節目の誕生日プレゼントの場合 

季節によっては生花もおすすめですが、記念・節目の誕生日、例えば、還暦だから、古希だから、とか二十歳の誕生日だから、など人生の中でも一つの節目になる場合は、その喜ばしい節目の日を記念として、しばらく形に残るプリザーブドフラワーもおすすめです。 

・出先で(旅先で)花のプレゼントする場合 

生花も素敵なので、おくりたいところですが、プリザーブドフラワーがおすすめです。出先で生花をもらうと、もちかえり、持ち運びが先様の負担になることも。思っている以上に生花は水が必要なため重量がありますし、何といっても大きさがありますので見栄えはよいのですが、かさばってしまうという、側面もあります。 

公共交通機関を使ってお帰りになる際は他の人から注目されているようで恥ずかしかった…という思い出を持ってしまう方もいらっしゃいます。 

また、旅先のホテルに配達、宅配してもらうという場合は宅配遅延や天候による生花の調達が困難になる場合もありますので、あらかじめ、前日までに宅配しておくことがおすすめです。この場合は生花にすると、ひにちが明くため、しおれたりする可能性がありますのでプリザーブドフラワーがおすすめです。

もちろん、旅先のホテルに依頼してその地域の生花店にて生花を調達してもらう、という方法もありますので、、その場合は生花もよいと思いますが生花にすると、たびさきからの、お帰りのさいに、持ち帰るのが大変になってしまいます。極力旅先、出先のお花は生花より、プリザーブドフラワーがおすすめです。 

プリザーブドフラワー 喜ばれるお花のプレゼントにするために選び方のヒント 

生花にしろ、プリザーブドフラワーにしろ、好みでないなぁ、という場合は、やっぱりちょっと残念になってしまいます。 

生花にしろ、プリザーブドフラワーにしろ、選ぶコツは先様のお好みの色目や、インテリアやよく着ている服装から推測される先様のイメージで選ぶことですが、お好みがわからない場合はあまり奇抜な花色や、必要以上にカラフルな(派手な)色目のアレンジは避けて、 

・明るい色目

ピンク、黄色、オレンジがおすすめ。嫌いな方が少ない色目です。 

・可愛い雰囲気 

スタイリッシュにする、など、あまり、凝った感じのアレンジにすると、お花に深い造詣が無い場合、わかりにくいプレゼントとして、とらえられてしまいますので、芸術性は優先しすぎないほうがおすすめです。

・花束ではなく、そのまま飾れるアレンジ(器付き) 

飾るときに花瓶が必要だったりしないほうがよいです。お花に合わせた大き目の花瓶のご用意が無い場合や、そもそも花瓶自体のご用意が無い場合もあります。 

・サイズ 

ご近所のお花屋さん、雑貨屋さん、プリザーブドフラワー専門店でも、、お買い求めいただくことができるプリザーブドフラワーですが、現在はパソコンや、スマートフォンから豊富に通販に適したプリザーブドフラワーのアレンジを見ること・お買い求めいただくことができるようになりました。 

通販する際は、近隣のお店では見ることができない「これいいな!」というお気に入りのプリザーブドフラワーの逸品を探し出すことがしやすくなりましたが、プリザーブドフラワーは生花のアレンジに比べて、そもそもサイズが小さめになります。 

そもそも、プリザーブドフラワーは生花の三倍程度が価格の目安となりますので、デザインや使用する花材にもよりますが、ボリュームも同じく、生花の三倍を目安としてください。 

つまり

生花のアレンジ 3000円くらいなら プリザーブドフラワーは 10000円くらいの価格のもの、生花のアレンジ 5000円くらいなら プリザーブドフラワーは 15000円くらいの価格のもの…といった具合になります。 

・サイズを目分の頭の中だけで考えず、巻き尺(メジャー)で実際にどのくらいの大きさが目安なのかチェックしましょう 

画像でみて「これいいな!」と思っても実際通販してみると「あれ?思っていたより小さいな」ということもあります。パソコン、スマートフォンでみた本体の画像はプリザーブドフラワー本体だけを見やすいようにアップにして画像を撮っていますので、どうしても画像の中では、ほかの対象物と比べても大きく見える場合がありますので、お買い物前にホームページの商品ページ記載の、プリザーブドフラワーの本体サイズを必ずチェックするようにしましょう。

だいたいのサイズを巻き尺(メジャー)で測って、ページに記載のサイズをチェックしても実感しにくい場合は、だいたいのサイズを測って、それに該当するような身の回りの物と比較してみたり、サイズの近い大きさのものを探してみて似たようなサイズのものを目安にしてみるのがおすすめです。 

・色目 

プリザーブドフラワーを通販する際に、もう一点気を付けたいのがプリザーブドフラワーの「色目」です。あんまり派手すぎるのは「つくりもの」みたいな感じがしてやだな、と思われることもあると思いますが一番気を付けていただきたいのが「ニュアンスカラー」。とても微妙な色合いで、例えばベージュのようなローズに藤色のローズの組み合わせ…なんて、とても大人っぽい雰囲気で、画像で見ると、とても綺麗に感じるかもしれません。もちろん、くすみ系の色合いがお好みの場合もありますので一概には言えませんが画像で見ると素敵に見えたニュアンスカラー、くすみ系のアレンジが実際通販して手元に取り寄せてみると、「あれ…地味だな」と感じることも。

落ち着いた雰囲気のプリザーブドフラワーをプレゼントしたいときでも、ニュアンスカラーや、くすみ系のアレンジをご希望の際は、よくご注意ください。お好みによりはしますが、プレゼントの場合はできれば、ぱっと、可愛い色目のほうがおすすめです。

プレゼントに最適なプリザーブドフラワー特集