結婚祝い、誕生日、お供えに贈るプリザーブドフラワーを通販。発送後、制作したアレンジを画像付きメールでお知らせするのでプレゼントも安心。

◇出産祝いのマナー

 

◇生まれたばかりの赤ちゃんの病室へお祝いを持っていくのはタブー

お祝い事だから!と急いで持っていきたい、お届けしたい!とう気持ちはわかりますが、出産は赤ちゃんにもママにも身体に負担の大きい大変なことです。

それぞれの体調が安定したころ、母子ともに健康であることを確認して10日〜一か月程度をめどにしてお祝いを贈りましょう。

近しい関係で、それ以前に病院へお祝いを兼ねたお見舞いに行く場合は、ママにも負担にならないよう、滞在の時間は短めに。お祝いをしたい場合は、まず、カードなどでおめでとう、を伝えましょう。

 

◇お祝いをおくるなら宅配便で。

赤ちゃんのお世話にママは大変な時期。嬉しいお祝いとは言え、なれない間は来訪者が負担になる場合もあります。お祝いを贈るなら宅配便でお届けするのも心遣いです。

 

◇出産のお祝いに花をプレゼントするなら花粉や香りのないプリザーブドフラワーが気が利いています。

デリケートな赤ちゃんや、育児に大変なママさんの健康に配慮するならプリザーブドフラワーがおすすめ。花粉や香りもなく、お世話いらずで出産の記念として長く飾っていただくことができます。

◇お届け先

最近は実家にお里帰りして出産されるかたも、多くなっています。自宅にお届けのさいは、お戻りになる日を確認するのがおすすめですが、プリザーブドフラワーなら枯れる心配はありませんから、ご自宅、実家どちらに宅配しても、安心です。

 

◇親しい場合はお花プラスお祝いの品物やお祝い金

以前は子供服のプレゼント、おむつのプレゼント、お祝い金のプレゼント、という風に品物やお祝い金だけで贈られる多かったのですが、近年は予算的に余裕がある場合は、お祝の実用品プラスお花にされたり、何かと物入りだろうからお祝い金…だけでは、味気ないので、お祝い金プラスお花という方が増えているようです。

プリザーブドフラワー プリザーブドフラワー

 

価格で選ぶプリザーブドフラワー

 

3000円からのプリザーブドフラワー 5000円からのプリザーブドフラワー 10000円からのプリザーブドフラワー  15000円からのプリザーブドフラワー 20000円からのプリザーブドフラワー