◇プリザーブドフラワーとドライフラワーの違いについて

プリザーブドフラワーのプレゼントの通販

 プレゼントに最適なプリザーブドフラワー通販

 

プリザーブドフラワーは1991年、フランスで誕生したお花です。まだまだ、最近生まれたてのお花といえます。ちなみにうみの親はフランスのベルモント社。「長寿命の切花製法」の世界特許を取得しました。 

ベルモント社の特許の通り、プリザーブドフラワーは長期保存が可能なお花。同じく長期間保存可能なお花としてはドライフラワーを思い浮かべる方も少なくないでしょう。プリザーブドフラワー、ドライフラワーともに、長期保存可能なお花ですが、それぞれ、特徴、製造方法、加工方法は全く異なるお花です。

◇プリザーブドフラワーとドライフラワー、それぞれの特徴と製造(加工)方法の違いについて

ドライフラワーについて

お好きなかたは個人的にご自宅で簡単に作ってしまう方も珍しくないのがドライフラワー。

作り方としては、生花を麻ひもなどで縛って、日陰で風通しの良いところでつるすだけ。手軽に作ることができます。(^^♪

ドライフラワーは製造(加工)のために特別な材料は必要ありません。

風通しの良いところでつるして、生花からすいぶんをぬいてつくる、というもの。このため手触りとしては水分がなくなった、カサカサした乾いた感触、硬い感触となります。

香りは干していますので、草が乾いたようなものです。寿命は数か月から半年くらいを目安いするくらいです。生花をかんたんに乾かして長持ちさせることができますが、防虫や花がかわいて落ちてきますので落ちがらのお掃除が必要です。

プリザーブドフラワーについて

プリザーブドフラワーの作り方としては、プリザーブドフラワーを制作するための特殊な溶液に浸して作ります。ドライフラワーに比べると作るのに時間、手間がかかり、溶液などの材料が必要です。また手間暇かかるプリザーブドフラワーですが、ドライフラワーと違い、生花と同様に柔らかい、みずみずしい手触り風合いがあります。パッとみると生花に近く始めてみる方は生花とプリザーブドフラワーを見分けることができない方も珍しくありません。色は鮮明で、生花ではないような色目を出すことも可能です。(実際に黒、ゴールド、真っ青などの色があります)

湿気や直射日光には弱いのですが、それを避けて、きちんと保管・保存をすれば数年程度、綺麗なまま咲き続けるお花です。お手入れとしてはホコリ、水分、直射日光を避けるようにすれば綺麗なまま咲き続けるので、特別なお手入れは必要ありません。

 

 

リザーブドフラワー通販のフルールヴァンベールではプレゼントに最適なプリザーブドフラワーを様々な用途にピッタリ、豊富なデザインで取り揃えています♪ ぜひご覧ください(^^♪

 

◇プレゼントにおすすめプリザーブドフラワーピックアップ

 プレゼントに最適なプリザーブドフラワー通販 プレゼントに最適なプリザーブドフラワー通販 プレゼントに最適なプリザーブドフラワー通販 プレゼントに最適なプリザーブドフラワー通販 プレゼントに最適なプリザーブドフラワー通販 プレゼントに最適なプリザーブドフラワー通販 プレゼントに最適なプリザーブドフラワー通販

 

◇価格で選ぶ

▶ 3,000円~ ▶ 5,000円~ ▶ 10,000円~ ▶ 15,000円~ ▶ 20,000円~