結婚祝い、誕生日、お供えに贈るプリザーブドフラワーを通販。発送後、制作したアレンジを画像付きメールでお知らせするのでプレゼントも安心。

結婚祝いのプレゼントの送り先別の注意点

・あらかじめ新郎新婦の自宅へ送る

お式の1、2か月前前から一週間前までに、あらかじめ先様のご自宅へお届けするようにしましょう。サプライズプレゼントしたい、と思われる場合も、可能なら、先様のご都合を配慮・確認して送るのがおすすめ。せっかくのサプライズプレゼントも先様のご迷惑になっては残念です。

プリザーブドフラワー プリザーブドフラワー

・お式の会場で直接渡す

贈り主の手元に用意して、お式の会場へ結婚祝いを持参するなら、あらかじめ贈り主の手元に、お式の数日前までに用意しましょう。宅配を利用してお取り寄せする場合は特に天候不順等の理由で運送遅延が発生しないとも限りません。余裕をもって準備するのがおすすめです。

プリザーブドフラワー プリザーブドフラワー

・お式の会場へ直接、宅配する

お式の会場の担当者にあらかじめ結婚祝いを送る旨を伝えておくのがおすすめ。保管等にきちんと配慮をいただけると思われます。 また、披露宴会場などに送る場合は、せっかくのお祝いが迷子になったりしないよう、会場名、会場電話番号、わかる場合は会場の担当者名、挙式される日付と挙式される両家の名前を記載すると、スムーズに贈ることができます。 なお、会場へ直接送る場合は、お式の前日までに到着するように手配しましょう。天候不順など何らかの事情で宅配便は遅延の発生する可能性がありますので、あらかじめ余裕をもった手配がおすすめです。

プリザーブドフラワー プリザーブドフラワー

◇結婚式をしない場合の結婚祝いを贈るタイミング(時期)

結婚のお知らせをいただいてから一か月以内に送りましょう。お祝い事ですから、早めに手配するのがおすすめです。 なお、人伝えで「〇〇さん、結婚したらしいよ」なんていう情報の場合は、きちんと本当にご結婚されたかどうか、注意しましょう。

 

◇お祝いのメッセージには送り主の名前を記載しましょう。

誰からいただいた結婚祝いかわかるように、お祝いのメッセージに贈り主の名前も記載しましょう。

たくさんのお祝いのプレゼントをいただいたり、お式の会場ではあわただしく、どなたからのプレゼントだったか、混乱してしまうことも珍しくありません。どなたからの贈り物かわかるように、簡単でもいいので、素直なお祝いの言葉とともに、送り主の名前をメッセージカードに記載するのも、先様への心遣いとして喜ばれます。

プリザーブドフラワーの結婚祝い特集

 

プリザーブドフラワーの結婚祝い特集