プリザーブドフラワー通販フルールヴァンヴェール|結婚祝い、誕生日、お供えのプリザーブドフラワー。発送後、制作したアレンジを画像付きメールでお知らせするからプレゼントも安心。

【お供えの花を贈る際の心遣い

お供えに花を贈るときの心遣い。友人の旦那様、奥様、お父さん、お母様、尊敬する上司、恩師のお供えに贈る花。

生前のお世話に感謝して天国へ気持ちを届けたいものです。心を慰めるお供え花をお悔やみの心と一緒に宅配します。

いざとなると知らなかったお供えの花を贈るときの心遣いや相場について参考にしてください。 

 

お供え、法要に花を贈るときの心遣い

意外と知らない、急なことで失礼がないか心配…お供えのお花を贈るときの、ちょっとした心遣いを知っておくだけで余裕をもって花を贈ることができます。

 

・急な 訃報をきいて 

「早くお悔やみの気持ちをつたえなくては!」「とにかく、お花だけでも」と焦ったり、あわてたりしなくて大丈夫です。

急なことであわただしくされているのは先様も同じです。先様の様々なご準備で忙しくされ、ご不在がちになることもございます。

せっかくのお花が不在などでお受取いただけないのでは、先様にもご迷惑をおかけしたり、ご心労をおかけすることになり、せっかくのお気持ちがとても残念なことになります。

気持ちがせくのはわかりますが、あまりお急ぎになられず、お届け先様のご都合やご様子を お見舞いとともにお伺いして、ご在宅のお日にちや お時間を見計らってお届けされることをお勧めいたします。

どうしても急いで気持ちだけでも届けたい…! そんな場合は、まず、電報などで お悔やみのお気持ちをお届けになることも一つの方法で、おすすめいたします。

 

・四十九日や 一周忌、法要にお届けする場合 

故人をしのぶ気持ちをおとどけするためにも お供えのお花、先様にも ご心労をおかけせず お届けしたいものです。 

そこでお花のお届けで心遣いしたいことが、お届け日時。法要の当日は 先様のご準備におわれて 忙しくされていますので、お花のお届けは 開始時間よりも早めにお届けすることがおすすめ。

具体的にはお届けは、なるべく、法要の前日の内に、先様へお届けするのが、おすすめです。

先様のご準備や段取りの都合上、前日到着のほうが、当日落ち着いて準備に専念することができます。お花をお届けする場合、できればあらかじめ 先様にご連絡をさしあげ、 ご意向をご確認されますことをお勧めいたします。

 

・愛犬、愛猫、ペットがなくなったとき 

先様にとっては大切な家族。かわいがっていたペットが天国に召されたときの悲しみは家族同様です。お慰めしたいとお花を贈られる場合は、お届け先様は 飼い主様あてでもありますので心癒される、かわいい雰囲気のお花が人気です。

 

◇ペットのお供えの花は、

お供えらしい雰囲気のものやフォーマルな雰囲気よりもかわいらしい雰囲気もの、また 白にこだわらず優しい色目のものでおくられても失礼なく、先様のお心をお慰めできます。なお、実際のお届けの場合は、ペットのお名前ではお届けできませんので、必ず、飼い主の方のお名前を記載くださいますようお願いいたします。

 

お供え花で気を付けたいこと 

先様に贈る場合、静かな花色のお花がおすすめ。

一般的にトゲもの(バラやあざみなど)は避けて制作するのがマナーです。カトリックの方や プロテスタントの方も同様で、白を基調としたお花、フラワーアレンジメントをお届けするのが一般的です。供花は フラワーアレンジメント ひとつを 一基、 ふたつで一対と数え、特別なお付き合いや ご親族でもない限り、一基だけ 贈るのが一般的です。

 

供えの行事の心遣い

・四十九日 49日の法要はなくなった日を一日目、翌日を二日目と数えるので お亡くなりになった日の前日同じ曜日になります。

先様にご負担かけず飾っていただくことができるのでフラワーアレンジメント(器付き)で、お供え花をお届けするのが一般的。お色目は 白系のお花でお届けすると礼を失せず、安心して贈ることができます。 

祥月命日、月命日 亡くなった月日を 「命日」と言い、毎年めぐってくるとの同じ、月日を「祥月命日」といいます。

年忌法要にあたらなくても お墓参りなどしてご供養されることが多いです。月命日はあまりかたく考えず 故人の好んだものをお供え物としてお供えすることも多く、お花も真っ白ではなく、故人のお好みだった花色なども加えてお届けすることも多いです

・回忌法要 回忌法要は 一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、二十三下記、二十七回忌、三十三回忌、などが主にあります。

お手入れも、飾るのも簡単で気軽なフラワーアレンジメント(器付き)のスタイルがお供え花の贈り物としては一般的です。とくに 一周忌(お亡くなりになられた翌年の祥月命日)、一周忌の翌年に行われる、三回忌は お花を贈られる方も多いものですが、 以降は ご家族の方のみので法要をこなわれたりするものですが、故人のかたの思い出を お花に託してご供養花をお届けしていただいくと 先様もおよろこびになられると思います

 

・初盆、新盆のお供え花  お亡くなりになれてから初めて迎えるお盆を「初盆」または 「新盆(にいぼん、しんぼん)」といいます。

お亡くなりになれてた方が仏様になって初めての里帰りということで、近しい方は新盆を迎える家で 親族や親しい方を招いて お坊さんにお経をあげていただき、ご供養されます。四十九日の忌明け前にお盆を迎える場合は 翌年が新盆になります

 

お供えの立札について

お供えの立札はどのようにしたらいいのか、迷ったり悩んだりするかたも多いものです。お供えのときは必ず添付しなくてはならないわけではないですが、

・「供え」のみを記載した立札を添付する場合と・「供え」立て札に 贈り主の名前を記載する場合、また 先様のご自宅へおおどけする場合は立札ではなく・メッセージカードをご希望の方も。それぞれ、先様との交際に応じてご選択いただければ幸いにぞんじます。

★プリザーブドフラワーの場合、立て札を立てることはその形態上できませんので、あしからずご了承下さいませ。

 

立札には「供」の下に 贈り主様の名前を入れることができます。

【個人の場合】 ex. 山田 太郎 

【会社名の場合】 ex. ●●●●株式会社 (肩書き、所属部署、または役職名)  山田太郎 ex. 肩書き、所属部署、役職名 などは たとえば 「代表取締役」などです。 

【そのた】 親族: 喪主・施主・子供一同・孫一同・兄弟一同・姉妹一同・親戚一同・親族一同 など。

【連名の場合】 人数が多いと文字が小さく、見えなくなっていしまいます。

有志一同などにされるとスマートになります。 (2,3名様の連名の記載はきれいに記載できます)

 

・お供えカードの際 記載する文言例文

「●●さまの在りし日をしのび 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。心ばかりのお花ではございますがお供えいただければ幸いです」

「●回忌にあたり故人の数々のご遺徳をしのび衷心より哀悼の意を表します」

「御生前の面影をしのび 遥かな地よりご冥福をお祈り申し上げます」

 

お供え花の相場

訃報を聞いてお悔やみのお花を贈りたいけど、どのくらいのお花をおくれば失礼にならないのかよくわからない、そんな時の参考にしてください。

お供え花の相場は本体価格10,000円〜15,000円

◇個人から贈る場合 

お悔やみの気持ちだけ贈りたいとき 本体価格 5,000円〜7,000円くらい

ペットのお悔やみに贈りたいとき 本体価格 5,000円〜7,000円くらい

きちんと贈りたいとき 本体価格 10,000円〜13,000円くらい

数人の連名で贈るときは相手がお返しに困ることがないよう、ご配慮されるとよいかと思います。

 

◇法人から贈る場合 本体価格 10,000円から15,000円くらい

 

◇先様の心を慰めるお供え花

大切な方をなくされて先様のお気持ちを何とか慰めて差し上げたいもの。お花で心を慰めて差し上げるのはもちろんのこと、先様のお心の慰めになるよう、お花と一緒にお悔やみのメッセージを添付して差し上げるのも沈みがちなお気持ちの励みになるかもしれません。

 

・四十九日前にお供え花を贈るとき

心を慰めるメッセージ文例 1.●●様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2.悲しいお知らせに茫然としております。お別れにもうかがえず、残念でなりません。心からご冥福をお祈り申し上げます。

3.最愛の方がお亡くなりになられたお悲しみは計り知れないものとお察しいたします。どうぞ、お気を強くなさってください。心からお悔やみ申し上げます。

4.ご家族の気持ちをおもうと胸が痛みます。心からご冥福をお祈りいたします。

5.突然の悲報に接し悲しみでいっぱいです。たくさんの思い出をありがとうございます。どうぞ安らかにお眠り下さい。

 

・忌明け、四十九日法要にお供え花を贈るとき

心を慰めるメッセージ文例 1. ●●様の在りし日のお姿を偲び通津染んでご冥福をお祈り申し上げます。心ばかりのお花でございますが、お供えいただければ幸いです。

2.心ばかりのお花をおくらせていただきました。謹んでお悔やみを申し上げるとともに、ご遺族の皆様のご健康をお祈り申し上げます

3.どうかご無理なさらず、お体ご自愛ください。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

4.遠く離れているためお参りできませんが せめてものお花をお贈りいたします。ご仏前にお供えいただければ幸いです。

 

・四十九日を過ぎておくる、心を慰めるお手紙の文例

文例 ●●さまがお亡くなりになられ、すでに四十九日もすまされたと知り、突然のことで驚きました。 何も知らずお見舞いにお伺いもせず、申しわけない気持ちでいっぱいです。お力おとしのことと存じます。 遅ればせながら謹んでお悔やみを申し上げます。 改めて思い返すと●●様の笑顔や相談に乗っていただいた思い出がたくさんよみがえります。 ご恩返しもできないままになってしまいました。今はただ、あの頃のお姿をしのびつつご冥福をお祈りさせていただきます。 おつらいでしょうがご健康にお気をつけてお過ごしくださいませ。 天国の●●様も何よりそれを願っておられることと思います

 価格で選ぶプリザーブドフラワー

3000円からのプリザーブドフラワー 5000円からのプリザーブドフラワー 10000円からのプリザーブドフラワー 15000円からのプリザーブドフラワー 20000円からのプリザーブドフラワー 

 

プリザーブドフラワーお供え プリザーブドフラワーのお供え

◇プリザーブドフラワーお供え

プリザーブドフラワーお供え プリザーブドフラワーのお供え

◇プリザーブドフラワーお供え

プリザーブドフラワーお供え プリザーブドフラワーのお供え

◇プリザーブドフラワーお供え

プリザーブドフラワーお供え プリザーブドフラワーのお供え

◇プリザーブドフラワーお供え

プリザーブドフラワーお供え プリザーブドフラワーのお供え

◇プリザーブドフラワーお供え

プリザーブドフラワーお供え プリザーブドフラワーのお供え

◇プリザーブドフラワーお供え

プリザーブドフラワーお供え プリザーブドフラワーのお供え

◇プリザーブドフラワーお供え

 

お供えプリザーブドフラワー  

  

プリザーブドフラワー