プリザーブドフラワー通販フルールヴァンヴェール|結婚祝い、誕生日、お供えのプリザーブドフラワー。発送後、制作したアレンジを画像付きメールでお知らせするからプレゼントも安心。

 プリザーブドフラワーのプレゼント お見舞いの花・プリザーブドフラワー

 

価格で選ぶプリザーブドフラワー

3000円からのプリザーブドフラワー 5000円からのプリザーブドフラワー 10000円からのプリザーブドフラワー 15000円からのプリザーブドフラワー 20000円からのプリザーブドフラワー 

 

プリザーブドフラワー

【プリザーブドフラワー】

同僚の退院祝い

プリザーブドフラワー

【プリザーブドフラワー】

姉のお見舞いアレンジ

プリザーブドフラワー

【プリザーブドフラワー】

姉の退院祝いのアレンジ

プリザーブドフラワー

【プリザーブドフラワー】

サークル仲間へのお見舞いアレンジ

プリザーブドフラワー

【プリザーブドフラワー】

先輩へお見舞いアレンジ

プリザーブドフラワー

【プリザーブドフラワー】

出産祝いのプレゼント

プリザーブドフラワー

【プリザーブドフラワー】

上司の奥様へ退院祝い

プリザーブドフラワー

【プリザーブドフラワー】

お店のオーナーさんへ退院祝い

 
 

花のプレゼント

 

プレゼントプリザーブドフラワーのお見舞い・快気祝い特集とマナーと相場

知人のあの人が 離れて暮らす家族が、突然体を壊された、また入院されたと聞くと「とにかくお見舞いの気持ちを伝えたい!」とお急ぎになる気持ち、よくわかります。よくわかりますが、せっかくのお見舞いのお気持ちも先様のご負担になってはとても残念。サイト運営者の実体験を踏まえた、ほんとにありがたかったお見舞いと、ちょっぴりこまっちゃたお見舞いの花贈りマナーについて掲載しております。個人的実感も含みますが参考にしてくださるととてもうれしいです。
 
 プレゼントお見舞いのお花を贈るときの心遣い
◇ お見舞い花贈りマナー 抑えておきたいポイントはこれ!
・お見舞いのお花の場合 病状が落ち着いた時が一番よい時期です。
・入院されている場合、入院直後は避け、できれば病状、入院期間、お部屋の様子などご確認ください。
・手術を受けられる場合は、術後、病状が落ち着かれていることをご確認の上、贈られることをお勧めいたします。
・入院先の病院によってはお花の贈り物は受け付けない場合がございます。 先様にご自身で必ずご確認くださいますよう、お願いいたします。
・お花の贈り物はできれば 退院後、落ち着かれたころを見計らってご自宅へお届けになることをお勧めいたします
プレゼント急な 体調不良、入院をきいて
「早くお見舞いの気持ちを伝えなくては」と焦ったり、あわてたりしなくて大丈夫です。サイト管理人の実感とこれまでの花贈りのお手伝いをさせいただいた事例からみても、入院先にお花が突然届くのは ちょっぴり困ってしまうNGマナー。まず 
プレゼント・ 入院されている場合  
入院直後はさけてください。先様もあわただしくされいたり 気持ちが落ち着かなかったりすることもあります。また、できれば病状、入院期間、お部屋の様子など ご確認ください。お見舞いのお花は 病状が落ち着いたときが一番よい時期です。
実際の失敗談として… 
プレゼント*入院期間を確かめなかった 
遠方のお友達の入院を又聞きされたため お見舞いのお花を確認せず病院に送ったところ、なんと すでに 退院され、お花が迷子に!結局 先様のご自宅へお届けとなりましたが、一旦、発送してしまったら行先の変更をするのは難しくなります。お気持ちをお届けするためにも、ご確認ください。 
プレゼント*ご病状を確かめなかった 
手術をされたので さあ、お花を贈ろうと段取り。ところが、ご病状が急変されて…ということも。お見舞いの気持ちを伝えたかったのに、先様を複雑なお気持ちさせてしまうことも。 
プレゼント*入院しているお部屋が相部屋なので 
ご病状が比較的軽くて お部屋が4人、6人の相部屋だった場合。これは 管理人の実感も含みますが、せっかくのお花をいただいても、飾るスペースがない場合がございます。また 生花の場合は 病状がかるくても お花が生き物であるため、ある程度、お世話が必要です。病気になって入院している患者さんには、ちょっぴり負担に。(病院側はあくまでも医療を提供する場なのでお花のお世話などはしてくれません)
せっかくのお気持ちですが、入院のお見舞いの場合、お水やりなど、お世話の必要な生花は ちょっぴりこまるお見舞いの贈り物になりかねません。入院しているかたへお見舞いのお花を贈る場合は、お水のお世話の必要のない、プリザーブドフラワーがおすすめです。 
プレゼントお花の受付NGの病院もございます
入院先の病院によっては お花の贈り物は受け付けない場合がございます。必ず、先様にご自身でご確認くださいますようお願いいたします。管理人の実感ですが、入院先にお届けモノをいただくのは意外とこまってしまいます。病気を患って入院中のかたは そもそも病人。ご自身でお荷物をほどいて飾って…というのは負担になり、また 病院側は医療を提供する場なので、お荷物のお世話まではしてくれません。
お見舞いのお気持ちをお届けするのは、退院されたことを確認の上、病状が落ち着かれたことを見計らって、退院のお祝いを、ご自宅へお届けされることをおすすめいたします。 
プレゼント鉢物のお花はNG 
ご存知のかたも多いと思います、鉢物のお花は根っこがついていることから「寝付く」につながりNGの贈り物。鉢物のお花の贈り物はさけてください。 
・ 退院後お花を贈るときは花束はNG。器つきフラワーアレンジメントがおすすめ 
退院されても まだまだ体力的には元通りには回復していない場合もございます。ご自宅にお花を贈る場合も、そのままポンとかざれる器付きのフラワーアレンジがおすすめ。花瓶をご用意する手間を省くことができます。せっかくの退院祝いのお気持ち、極力先様の負担にならないよう贈りたいものです。 また高齢のかたや病後体力的にお花のお世話も難しい場合は、お水やり不用のプリザーブドフラワーもおすすめです。
プレゼントお見舞い花の相場
お見舞いのお花は5,000円から10,000円くらいが相場。お友達・知人へのお見舞いに贈るなら5,000円から8,000円くらい。親族や、親しい間柄などの場合は10,000円程度です。 
病院に贈る場合は、病院側の受け取りが可能かどうか、そして個室かどうか確認して予算を検討してください。大部屋の場合はお花を置くスペースも限られていたり、病院によっては受け取りされない場合がありますのでご確認をお願いいたします。 
生花を贈る場合は極力相手の負担にならないよう、退院祝いとして相手のご住所にお届けするのがおすすめです。 
(退院するときお花をお持ち帰りになるなど、お荷物が多くかえって先様のご負担になる場合がございますので病院に贈る場合は、プリザーブドフラワーなど軽くて水やりいらずのお花をおすすめします)