クリスチャンの方へ贈るお供え花・お悔やみ花マナー

 

知人や知人のご家族様がお亡くなりになったとき、どのような宗教の方であれ、

こんな時どうしたらいいの?と不安に思うことは多々ありますが、

特に自分の家の宗教と異なる場合、マナーはどうなんだろう、と心配になりますね。

 

おおむね宗派はどうあれ、仏教の場合は、なんとなくわかるものですが、

クリスチャンの方はいったいどうなんだろう、マナー違反はあるだろうか、といろいろ心配になりますよね。

こちらではクリスチャンの方がお亡くなりになった場合に

知っておきたいご葬儀の流れとお花のマナーについて掲載しています。

価格で選ぶプリザーブドフラワー

3000円からのプリザーブドフラワー 5000円からのプリザーブドフラワー 10000円からのプリザーブドフラワー

15000円からのプリザーブドフラワー 20000円からのプリザーブドフラワー 

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーお供え

【プリザーブドフラワー】

ペットのお悔み

プリザーブドフラワーお供え

【プリザーブドフラワー】

お供えアレンジ

プリザーブドフラワーお供え

【プリザーブドフラワー】

お供えアレンジ

プリザーブドフラワーお供え

【プリザーブドフラワー】

ネコのお悔み

プリザーブドフラワーお供え

【プリザーブドフラワー】

お供えアレンジ

プリザーブドフラワーお供え

【プリザーブドフラワー】

お供えリース

プリザーブドフラワーお供え

【プリザーブドフラワー】

お供えアレンジ

プリザーブドフラワーお供え

【プリザーブドフラワー】

お供えアレンジ

プリザーブドフラワーお供え

【プリザーブドフラワー】

お父さんへお供えアレンジ

プリザーブドフラワーお供え

【プリザーブドフラワー】

お供えアレンジ

プリザーブドフラワーお供え

【プリザーブドフラワー】

お供えアレンジ

プリザーブドフラワーお供え

【プリザーブドフラワー】

お供えリース

 プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーお供え

お供えプリザーブドフラワー  

  

  

プレゼント

 

 

・葬儀はどこで?

 

葬儀は主に教会で行われなすが、ご自宅や斎場をご利用になられることもあります。

近年は斎場も様々な宗教にご対応できるようになっています。

 

実はもともとはキリスト教ではお通夜というものはありません。

現在、日本でキリスト教式で行われているお通夜は日本独特のものです。

 

前夜式と葬式がおこなわますが

カトリックの場合

故人の罪を神さまにお詫びし許しを請うて永遠の命を得られるようにお祈りします。

聖書の朗読、神父様の説教を行う「言葉の典礼」、パン、ぶどう酒を奉納する「感謝の典礼」からなるミサが中心となります。

プロテスタントの場合

神さまに感謝し、遺族を慰めるために行われ、神さまに捧げるお祈りが中心となり、

聖書の朗読、讃美歌斉唱、牧師の説教などが行われます

 

 

・豆知識

 

カトリックでは聖職者を「神父」

プロテクスタントでは「牧師」と呼びます。

また礼拝で歌ううたをカトリックでは「聖歌」

プロテスタントでは「讃美歌」といいます

 

 

カトリック、プロテクスタントともに告別式では献花を行います

白い菊や白いカーネーションがささげられることが多いです。

 

 

・お悔やみは言わない?

 

キリスト教では死は永遠の命の始まりであり、不幸な出来事でないという考えがあるためお悔やみを述べない、と、

いわれていますのでご遺族の方へは「お知らせいただき、ありがとうございます」

「安らかな眠りをお祈りいたします」などとあいさつをしますが、どとあいさつします。

 

実際にはクリスチャンではない方が無理にキリスト教の教義などによった言葉を使う必要なく、

「ご冥福をお祈りします」でも可です。もともと「冥福」という言葉には

「死後の幸福を願って『仏事』営むこと」また、、もともとは『死後の幸福』を指す言葉なので問題ないようです。

 

ちなみに仏式の「香典」にあたるものはキリスト教では「お花料」でも「ご霊前」でも可です

 

・クリスチャンの方へ贈るお供え花

 

生花が基本のマナーです。

バスケットアレンジ(花篭アレンジ)で故人の自宅へ贈るのが原則となります。

直接、教会に贈るのはNG。

 

カトリックの場合は司祭様、プロテスタントの場合は牧師様が

取り仕切るため場合によっては専属の花屋さんのご指定を受けたり、

宗派教会ごとの習わしがあるため、それぞれ教会へまずご確認ください。

 

贈るお花はプロテスタント、カトリックともに白百合が喜ばれます。白百合はマリア様のお花とされています。

一般的にはキリスト教では名札(立札)をつけません。

 

 

・四十九日、一周忌、三回忌などはあるの?

キリスト教式でも初七日、四十九日、年忌法要といった仏式の習わしにあわせて追悼ミサをささげることもあります。

 

 

豆知識

 

欧米では

友人、知人など遺族以外のかたはバスケットにアレンジしたフラワーアレンジメントを、故人のご自宅へ贈るのが一般的です。

肉親・教会仲間が送る「クロス(十字架)」の花飾り。

クロスは柩の内側にとめて取り付けるものやイーゼルに立てて飾るものがあります。

厳密なものを用意したい場合は司祭様、牧師様にご相談されることが大切です

また、親族や特に親しい間柄の友人が贈る「ハート」

永遠の愛と追想の象徴として故人へ贈ります。

イーゼルに立てかけて飾るのが一般的で外枠だけを花で飾るオープンハート、

全体をお花で埋めるフルハート、クッションハートと呼ばれるアレンジメントや、

大小のハートを組み合わせた「ダブルハートなどの種類があります

なお、仏教でよく用いられる白い菊はキリスト教ではあまり用いられません。

白百合、小菊・スプレーマムはアレンジの中に取り入れて制作されます。バラの花はとげがあるので用いません。

 

プリザーブドフラワー