新築祝いのプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーとは?

幅広い年齢層の方に人気のプリザーブドフラワーはフランス生まれの枯れないお花。

造花とも、ドライフラワーとも違う生花に特殊な加工を施して生まれたプリザーブドフラワーは、生花のみずみずしいうつくしさをそのままに保ちながら、水やりなどのお手入れいらず、花粉、香りがなく衛生的なお花。 

おまけに、保管次第で数年程度綺麗なままで咲き続けてくれるという特徴を持っていることも人気の秘密。 

実際にお買い求めいただいたかたからは 

・生花にくらべると小さいですが、仕事で留守がちなので生花だとお花のお世話ができませんが、帰ってくると、いつでも可愛く咲いていてくれるので嬉しいです。

・プレゼントしたくなくなるくらい可愛いです(*^▽^*) 

・ケース入りでプレゼントしたので、ホコリ除けにもなるし、何と言ってもきちんとしたプレゼント!という感じでよかったです。 

・ケース入りのプリザーブドフラワーにしなかったので不安でしたが、セロファンでラッピングされていたので、よかったです。

など、お声を頂いております♪

プリザーブドフラワーのプレゼント

新築祝い・引越し祝いのプリザーブドフラワー

 

新築祝い・引っ越し祝いにのプレゼント

新築祝い・引越し祝い・改築祝いにプリザーブドフラワーを贈りませんか。

実用品は意外と自分でそろえてしまっていることもありますが、お部屋を彩る物や、心の癒しになるものは自分でご用意がないことも。生花だと花瓶が必要だったり、共働きの方や、まだ子供さんが小さくて手がかかる方にはお世話が必要でかえって負担になることもありますから、水やりいらずで花が落ちたりして手間がかかることも、汚れることもないプリザーブドフラワーのプレゼント、喜んでいただけるかもしれません。また花粉もありませんからアレルギーの方にも、安心です。

 新築祝いのプリザーブドフラワーの選び方ポイント 

お部屋との調和がプレゼントのポイント あまり暗い花色ではなく、またハデ過ぎないものをプレゼントするのがおすすめです。

また、縁起の良いものも喜ばれますから、 「幸せを運ぶ」とされるハッピーバード付きや 「金運」に良いとされる黄色・オレンジ系のプリザーブドフラワーもおすすめです。 風水を信じている方にはプリザーブドフラワーは避けたほうがいいかも。

風水師さんによって見解が異なるのですがドライフラワーは風水的にみて縁起の良いものとは言えないとか。 プリザーブドフラワーは「生きていない」のでおうちに飾るのは風水的には運気を下げる、という見解の方がおいでになるからです。ところが風水的な見方も風水師さんによってことなっており、もともとは生きていたのだから、プリザーブドフラワーも大丈夫、という方もおいでになります。風水師さんによって考え方が違うのであまり気にしないでよいですが、心配な場合は、プリザーブドフラワー、ドライフラワーは避けて、生花や観葉植物をプレゼントするのもいいかもしれません。

 新築祝いのマナー 赤一色の贈り物はNG!

赤一色は「火」を連想させるとして、贈り物にはNGです。

たとえば先様が赤が好きだから…ということがあっても、ワンポイント使いなどに抑えることがおすすめのマナーです。

◇プリザーブドフラワーをプレゼントしたいけど、お手入れ方法はどうなっているの? - 取り扱いとトラブル対処方法について

枯れないお花とよく言われていますが、そもそも、プリザーブドフラワーは全くお手入れがいらないのかな? 保管方法は?ちょっと疑問に思うものですね。

・お水は与えないでください 

プリザーブドフラワーは生花から生まれた枯れないお花。でも、特殊な加工を施した長くお楽しみいただけるお花です。お水をかけたり、湿度が高すぎると 花びらが半透明になったり、お花の色素が流れ出して接触する部分に色移りしてしまうことがありますので ご注意ください。  

・湿度が高くて花びらが半透明になってしまった場合 

シリカゲルなど乾燥剤とともに 箱などに入れて一日から数日様子をみてください。適切な乾燥状態になると 元通りの花びらにもどってきます。 

・直射日光、直風にはあてないでください 

生花をお楽しみいただく場合と同様、プリザーブドフラワーも高温多湿、直射日光、そして直風はさけてください。直射日光はせっかくのプリザーブドフラワーの早期の色褪せの原因になります、また花を傷める原因になりますので、エアコンや扇風機などの風が直接あたるような場所避けてお楽しみください。

・衣服等に直接触れると色移りする場合があります。

これは湿気の多いときに例えば、うっかりカーテン等とずっと接触し続けていた…などの時に色移りすることがあります。

色移りしてしまった場合、早めにクリーニングされるなどのご対応をお願いします。

また、花弁が柔らかいのでカーテン等とずっと接触していたりすると、色移りももちろんですが、お花の形が崩れてくることもありますのでご注意下さい。

・ホコリが気になる場合

柔らかい羽根のようなふんわりしたもので、そっと丁寧に、ホコリを取ってください。プリザーブドフラワーの花びらはデリケートなのでご注意下さい。

・花弁が割れてしまった場合

花弁は柔らかくデリケートなため、花弁が割れることもあります。そのまま風合いとしてお楽しみいただいたので大丈夫ですが、どうしても気になる場合は花弁のカーブに合わせて、ハサミでカットしてください。

 

◇価格で選ぶ

▶ 3,000円~ ▶ 5,000円~ ▶ 10,000円~ ▶ 15,000円~ ▶ 20,000円~