プリザーブドフラワー通販フルールヴァンヴェール|結婚祝い、誕生日、お供えのプリザーブドフラワー。発送後、制作したアレンジを画像付きメールでお知らせするからプレゼントも安心。

退院祝いの花・衛生的なアレンジ

【退院祝い・快気祝いに贈るプリザーブドフラワー】

励ましの気持ちを伝える・相手の体調を気遣って贈るのに最適な花

プリザーブドフラワーは生花から生まれた枯れないお花。フランス生まれのプリザは生花のみずみずしさを備えながら、「花粉」「香」「水」不要のお花です。

特許を取得したお花。「花粉」や「香」がないから、お見舞いに贈るのにもぴったりです。



体調を崩されて病院に入院…殺伐とした気持ちになりがちな方へのお見舞いにお花を…というのが定番です。

入院されると食べたいものが食べられないご病状の方もいたりするので、、お見舞いの贈り物は悩みどころですが、お花なら、見る人の心を癒してくれて、かつ食事制限のある方でも目を楽しませてくれる贈り物。

でも、実は近年、病院は衛生上の理由や管理の理由から、病室への生花の持ち込みは禁止しているところも珍しくありません。

このことから病室へお見舞いに伺ったりする際に生花ではなく、プリザーブドフラワーを贈る方も増えてきました。

プリザーブドフラワーが、先様の負担にならず、励ましの贈り物に最適なワケ、掲載しています

◇退院祝いに贈るプリザーブドフラワー
・退院祝いのプリザーブドフラワーで喜ばれる色目

・暗い色目はマナー違反
病気を患っている方は普段と違い、想像以上にデリケートになっている場合があります。
お見舞いにプリザーブドフラワーを贈るなら暗い色目は避けて、なるべく縁起のよい、明るい色目で贈りましょう。
実際に会ったケースだと、「Aさんは、大人っぽいシックな色が好きだから…」と落ち着いた色目のお花をプレゼントしたら、気持ちが暗くなって悪いほうへ物事を考えてしまった…と意気消沈してしまった…ということも実際にあります。
できれば、気持ちの華やぐ明るい色目のプリザーブドフラワーをプレゼントするとよいでしょう。

・「赤」一色は避けましょう
「赤」は「血」を連想させるのでできるだけ避けましょう。

「赤」の色彩効果としては「活力」を与える色目ですが、血圧の上昇や気持ちの高揚、興奮を促す力を秘めた色目ですから、病人の方には不向きです。とはいえ、活力を与える色でもありますのでワンポイント使いにするなど配慮されるとよいと思われます

・退院祝いに贈るなら「ピンク」や「イエロー」「オレンジ」系が喜ばれます
ピンクやイエロー、オレンジはそれぞれ、気持ちが優しくなれたり、明るい気持ちや、喜びの気持ちになれる効果のある色目です。
退院祝いや入院お見舞いなど、先様が気持ちがまだまだ落ち込んでいたり、デリケートになっているときは、気持ちが優しくなれるピンクや明るい気持ちになれるイエロー、幸福感を感じるオレンジなどの色目が安心です。
23
用途でえらぶ選ぶプリザーブドフラワー

結婚祝いのプリザーブドフラワー" 開店祝いのプリザーブドフラワー プリザーブドフラワー誕生日 プリザーブドフラワー退職祝い プリザーブドフラワーお供え 


プリザーブドフラワー発送


プリザーブドフラワー配送




プレゼント

プリザーブドフラワー送料

プリザーブドフラワー運送


プリザーブドフラワーのプレゼントを通販


プリザーブドフラワーに添付できる小物
プリザーブドフラワーに添付できる小物


プリザーブドフラワーのプレゼントを通販